7月RECORDは「流」

川の流れ、人の流れ、時の流れ…「流」というコトバには諸行無常の響きがあります。このコトバは安住の地を求めない流離人のようで、繰り返すように見える日常でも、決して同じ繰り返しはあり得ず、限りある命を生きていく私たちの宿命とも取れます。また流麗とか風流とか美しい語彙もあって「流」のもつイメージの幅を感じます。そんな「流」の表現を今月のRECORDのテーマにしました。RECORDは幾度となくNOTE(ブログ)で触れていますが、一日1点の創作を自分に課したもので、葉書大の平面作品を日々作っています。毎晩食卓でエスキースを練り、下書きをしています。彩色は週末に工房でまとめて行うことが多く、完全に一日1点をその日のうちに仕上げることは出来ませんが、それでも年中創作行為をしていることに変わりはありません。今月も紆余曲折しながら頑張っていこうと思います。

関連する投稿

  • 仕事再開の6月に… 新型コロナウイルス感染症の影響で、6月になって漸く仕事が通常勤務になりました。ただし、感染症対策は怠りなくやっていかなければならず、完全に仕事が回復した状態ではありません。それでも職場で全員が顔を合 […]
  • 気分が高揚するとき 自分にとって気分が高揚するときはどんな場面だろう。そんな思いを綴ってみたくなりました。現在は東京銀座のギャラリーせいほうで私の個展が開催されていますが、14年前は初めて個展が出来る喜びに包まれて、気 […]
  • 8月の制作目標 今月、職場では休庁期間を設定し、夏季休暇を取り易い状況を作っています。私も例外ではなく、今月は旅行も創作活動も共に邁進させていきたいと願っています。まず陶彫制作ですが、全体の計画として屏風の形式を採 […]
  • 7月の制作目標 1年は1月元旦から始まり、12月31日の大晦日で締めくくります。職場では年度切り替えのため、4月1日から始まり、翌年の3月31日で締めくくります。私の創作活動における暦は、今月が1年間の締めくくりに […]
  • 14回目の個展を開催する7月になって… 7月になりました。毎年7月になるとNOTE(ブログ)に個展を開催すると書いていますが、今年も同じことを書きます。いや、こうしたことが書ける幸福を感じていると言った方が気持ちにフィットするように思えま […]

Comments are closed.