今日から7月…

富士山が世界遺産に登録された記念すべき7月1日を迎えました。富士山には若い頃、家内と無防備な登山をして遮二無二頂上に辿りつき、下山では真っ暗な中で足元も覚束なくなり、人の声を頼りにひたすら降りてくる経験をしました。いわゆる日帰りの弾丸登山で、危険を顧みずに強行したにも関わらず何事もなかったことが本当に幸いだったと今では思っています。その後、須走口が閉じられる事故があって身震いしました。この時、自然を軽く考えてはいけないと自分に言い聞かせました。さて、自分にとって7月は個展開催の月で、1年間の創作活動の結果を出す月でもあります。精神的にもケジメがついて、次のステップに繋がる1ヶ月です。いきおい次作にも精魂を傾けて、今年の個展に負けない新作作りに励むことになります。今月も焦らず休まず頑張っていこうと思います。

関連する投稿

  • 外出自粛の5月を振り返る 今日は5月の最終日ではありませんが、今月のことを振り返ってみたいと思います。5月末は週末で、明日の土曜日は母の四十九日法要があり、明後日は図録用の作品撮影日になっていて、そのことについてNOTE(ブ […]
  • 2019年HP&NOTE総括 2019年の大晦日を迎えました。まず今年の総括を行う前に、今月を振り返ってみたいと思います。新作の陶彫制作ですが、床に這う根の部分は19点が出来上がり、今は屏風に接合する陶彫部品を作っている最中です […]
  • 例年とは異なる5月です 新型コロナウイルス感染拡大が、日常生活に影響を及ぼす状況がこのところずっと続いています。5月になっても通常の生活に戻れる気がしません。そんな中ですが、今月の創作活動について考えてみたいと思います。創 […]
  • 創作を最優先に考える理由 12月になってウィークディの仕事が立て込んでいます。師走とはよく言ったもので、昼間の仕事をやっていると精神的な疲労が重なり、慌ただしい毎日を過ごしていると実感しています。帰宅後にやっているRECOR […]
  • 師匠の温かい助言 先日、ドイツの菓子シュトレンを長野県に住む彫刻家池田宗弘先生に郵送しました。そのお礼を兼ねた電話があったそうで、私が仕事で不在だったため家内が電話を受けました。私とも長電話になる池田先生ですが、私の […]

Comments are closed.