週末 法事に対する思い

家内の両親が亡くなって、亡父13回忌、亡母7回忌の法要を行いました。家内の親戚は奄美大島から出てきた人たちで、兄弟姉妹間の血が濃く、その中には学問で身を立てた人もいて、自分にとっては芸術の理解者、思索の助言者として並々ならぬ恩を感じています。以前NOTE(ブログ)に書きましたが、カント哲学者であった叔父が亡くなったことが自分には残念でなりません。もっと生前に話を聞いておけばよかったと後悔しています。考古学や声楽をやっている叔父たちは健在なので、悔いの残らない関係を続けたいと願っています。叔父叔母たちの子どもたちとは、従妹会を企画していて、よく付き合っています。法事は亡き人を偲びつつ、生きている私たちの関係をより良くするために行うものと考えています。つまり生きている自分たちのために行うものと割り切った考え方を自分も家内もしています。そんな意味で今日は、墓前にお参りをした後、横浜中華街で美味しい料理に舌鼓を打って楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

関連する投稿

  • 一日のルーティンを考える 学校を退職し、私は日々の出勤がなくなりました。一日中自由に過ごせる日常は、退屈と隣り合わせになるかなぁと考えていましたが、1週間以上が過ぎた今は校長職にあった時と変わらない時間の使い方をしています。 […]
  • 彫刻家として… 4月になりました。昨日は管理職退職辞令交付式に参加して、私の公務員人生にピリオドを打ちました。今まで職種を隠してきましたが、同じ職種の方々がこのNOTE(ブログ)をご覧になっていることもあり、今にな […]
  • 体力維持のために… 私は自宅の近くにスポーツ施設があるため、そこで水泳をしていました。20年以上も前は仕事帰りに夜間コースに通い、そこで知り合った仲間たちとマスターズ登録をして、年齢別の競技大会にも出ていました。その頃 […]
  • 週末 母の一周忌&窯入れ準備 週末になりました。今日は新作の制作ノルマがありましたが、昨年4月に亡くなった母の一周忌に当たるので、菩提寺に出かけて、お経をあげていただきました。その後で墓参りもして新しい卒塔婆を立てました。祖母の […]
  • 管理職退職辞令交付式に参加 3月の最終日になりました。私が35年間勤めていた横浜市公務員としての仕事が終わる日でもあります。今日は保土ケ谷公会堂で管理職退職辞令交付式があり、参加をしてきました。定年退職と言っても私の場合は再任 […]

Comments are closed.