週末 法事に対する思い

家内の両親が亡くなって、亡父13回忌、亡母7回忌の法要を行いました。家内の親戚は奄美大島から出てきた人たちで、兄弟姉妹間の血が濃く、その中には学問で身を立てた人もいて、自分にとっては芸術の理解者、思索の助言者として並々ならぬ恩を感じています。以前NOTE(ブログ)に書きましたが、カント哲学者であった叔父が亡くなったことが自分には残念でなりません。もっと生前に話を聞いておけばよかったと後悔しています。考古学や声楽をやっている叔父たちは健在なので、悔いの残らない関係を続けたいと願っています。叔父叔母たちの子どもたちとは、従妹会を企画していて、よく付き合っています。法事は亡き人を偲びつつ、生きている私たちの関係をより良くするために行うものと考えています。つまり生きている自分たちのために行うものと割り切った考え方を自分も家内もしています。そんな意味で今日は、墓前にお参りをした後、横浜中華街で美味しい料理に舌鼓を打って楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

関連する投稿

  • 週末 相続手続き&最新作陶彫第一歩 6月最初の週末を迎えました。今夏の個展で発表するであろう新作は全て出来上がり、先週末に写真撮影をしたところですが、新作は修整が多く、梱包を含めて今月の週末にやっていくつもりです。発表するであろうとし […]
  • 週末 母の四十九日法要&撮影準備 母は4月7日に他界し、4月13日に葬儀を行いました。享年94歳。大正、昭和、平成、令和を生きた人でした。今日は我が家の菩提寺である浄性院で四十九日法要を行いました。葬儀の時よりやや多い人数で法要を行 […]
  • 横浜開港記念日について 今日は横浜開港記念日です。私たちの職種は例年開港を祝って休日となるところを、通常勤務が始まったばかりのこともあって、今日は勤務を要する日になりました。横浜市の公務員である私は、横浜開港記念日について […]
  • 2つの道筋について 今日のタイトルは私の二足の草鞋生活に関するものです。ひとつはウィークディの仕事についてのことです。新型コロナウイルス感染症予防のための緊急事態宣言が今も神奈川県に出されていますが、そろそろ宣言が解除 […]
  • 与えられた時間という考え方 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために緊急事態宣言が出され、横浜でも漸く解除に漕ぎつけたところです。職場も来週からほぼ通常通りになりますが、新たなクラスターが発生しないように万全な構えでいきたいと思 […]

Comments are closed.