2013個展図録の完成

今年の図録がようやく完成し、印刷されたものが自宅に届きました。図録は毎年個展に合わせて作っているので今年で8点目になります。毎回同じサイズ、同じページ数で作っているため図録もシリーズ化しています。図録には毎回目玉となる画像を盛り込んでいます。今回は1ページ目の見開きに工房スタッフ4人の写真を入れています。4人とも若い世代で相原工房を自由に使っている人たちです。もうひとつの目玉は野外撮影した陶紋です。昨年は砂丘で撮影しましたが、今年は海浜で撮影しています。海水が陶紋を覆い、水面に空が映っています。これはカメラマンの作品と言っても過言ではありません。自分は被写体を作っているだけで、画像の演出は全てカメラマンに任せています。自分が「こんなふうに…」と、ほとんど幻想めいた戯言を言っているにも関わらず、カメラマンはそれ以上の効果を狙った画像で仕上げてきます。今回の図録もスタッフやカメラマンの力によるもので、その結集としてこの冊子が出来ました。

関連する投稿

  • 週末 2020年図録用撮影日 毎年、この時期に個展の図録用に彫刻作品の写真撮影を行っています。数えればもう15回目になりますが、この日が新作のゴールになるため、私は朝から気持ちが休まることはありません。集合彫刻である私の作品は、 […]
  • GW③ 「陶紋」の新作に取り掛かる 陶彫による小品は、10数年前のギャラリーせいほうで開催した最初の個展から出品し続けています。まず最初は「球体都市」40数点を何年かに亘って展示しました。「球体都市」は既に売れた作品もあります。次に始 […]
  • 新しい図録のレイアウト考案 私は個展の度に新しい図録を用意しています。図録は大きさも頁数も決めてあって、毎年内容だけを変えているのです。今年で15冊目になります。カメラマンによって撮影され、全頁カラー版にしているのは理由があり […]
  • シリーズ化した図録のレイアウト 今晩、懇意にしているカメラマン2人が、図録作成に向けた全体のレイアウトをもって自宅にやってきました。私の個展用の図録は14冊目になりますが、今まで全て同じサイズ、同じページ数、似たようなレイアウトで […]
  • 14冊目の図録が届いた日 個展の案内状は遅くても2週間前までに郵送しなければならないので、印刷を急ぎましたが、図録は個展会場で配布するため、個展開催までに出来上がっていれば基本的には大丈夫です。ただし、私の職場では職員に予め […]

Comments are closed.