制約された中での自由

今朝、職場に出勤しましたが、雨天のためイベントが明後日に延期されました。その時点で職場から工房に向い、いつものように制作を行いました。二足の草鞋生活は時間の確保が難しい側面がありますが、やはり工房に来ると創作に没頭出来ることの幸福を感じます。創作活動は自分のために行う珠玉の時間です。これがあるために自分は生き甲斐を感じると言っても過言ではありません。20歳の頃から創作活動に携わっていくことを決め、幸いにも現在まで諦めずにやってこれたことを嬉しく思うことがあります。創作活動は言わば自己を満足させるための手段で、どこのレベルで線引きするかは創作に対する自分の思いがどのくらいあるのかに依ります。ただし、前述した通り生活していく上での仕事は必要で、その仕事にもやりがいを持ちたいと思って現在の仕事に従事しているのです。確かに時間の面で手枷足枷になっている現状はありますが、この制約された自由時間は制約があるからこそ無駄にできないと思っていて、そこに密度の濃い時間が生まれると考えています。今の自分は制約があるからこそ頑張れるのではないかと思っているところがあります。退職して制約がなくなるとどうなるのか思いを巡らせてみることがあります。今の緊張は保てなくなりますが、代わりに何か得るモノもあるのではないかと考えるようになりました。

関連する投稿

  • 週末 母の四十九日法要&撮影準備 母は4月7日に他界し、4月13日に葬儀を行いました。享年94歳。大正、昭和、平成、令和を生きた人でした。今日は我が家の菩提寺である浄性院で四十九日法要を行いました。葬儀の時よりやや多い人数で法要を行 […]
  • 外出自粛の4月を振り返る 今日で4月が終わります。今月は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、首都圏の外出自粛から全国的な規模による緊急事態宣言に移行した1ヶ月になりました。職場も在宅勤務が始まり、年度初めに恒例として行われ […]
  • 2つの道筋について 今日のタイトルは私の二足の草鞋生活に関するものです。ひとつはウィークディの仕事についてのことです。新型コロナウイルス感染症予防のための緊急事態宣言が今も神奈川県に出されていますが、そろそろ宣言が解除 […]
  • 週末 新たなテーブル彫刻の制作開始 週末になりました。今月の制作目標に従って、今日から新たなテーブル彫刻の制作を始めました。新たなテーブル彫刻として、昨年制作し7月にギャラリーで発表した「発掘~曲景~」の対を成す作品を作ろうと思ってい […]
  • 書籍の整理 昨日から在宅勤務で、自宅にある書籍の整理を行いました。自宅のリフォームでリビングの壁一面に書棚を作ってもらったために、数十年も床に積んであった大量の書籍を新しい書棚に収めました。公務員になった頃に手 […]

Comments are closed.