「0・ルドン展」眼の浮遊

新宿にある損保ジャパン東郷青児美術館で開催中の「オディロン・ルドン展」は、象徴主義の代表格とされる巨匠の多義に亘る絵画作品で構成されていました。ルドンと言えば自分は闇の中に浮かぶ奇怪な生命体を思い描きます。モノクロの画面から幻想が漂い、自己の内面を覗いた深遠な世界という印象を持っています。ルドンの代表的なモチーフに「夢」があります。「夢のなかで」と題されたリトグラフの連作は、生物学的興味と精神主義的意味の双方から眼という器官を重視していたルドンのヴィジョンがよく表れているように感じます。描かれた風貌の中で大きな眼のある生命体が浮遊している画面は、観る側によってさまざまな解釈が可能です。とりわけ眼は人間の器官の中で、内面を示す最も過敏な部分だと考えます。画面の中で、眼が中心に据わると他の部分の印象が薄まりますが、奇怪な生物に人間の眼がつくと愛嬌のある不思議なキャラクターに変わってしまいます。実際に眼が描かれていなくても、観る側に働きかけてくるのは画面全体がルドンの眼になっているのかもしれないと、数々の作品を見ながら自分は感じ取っていました。眼の浮遊、こんなコトバが思いついた展覧会でした。

関連する投稿

  • 週末 久しぶりに東京の美術館に… 大学の先輩で銅版画をやっている人が、東京銀座で個展をやっています。その人の娘さんが漆工芸をやっていて、彼女も東京銀座の別の画廊で個展をやっています。親子とも同じ時期に個展を開催しているので、週末を利 […]
  • 東京駅の「メスキータ展」 サミュエル・イェスルン・デ・メスキータは20世紀初頭に活躍したオランダの画家・版画家・デザイナーで、ユダヤ人だったためにナチスドイツの強制収容所で家族諸共処刑されています。彼がオランダの美術学校で教 […]
  • 横浜の「北斎展」 横浜のそごう美術館で「北斎展」が開催されています。私は外会議で関内に行った昨日の夕方、「北斎展」を見てきました。関内ホールの帰り道になる横浜駅に美術館があるというのは大変都合が良く、ちょっと得をした […]
  • 横浜の「駒井哲郎展」 昨日、横浜のみなとみらい地区にある横浜美術館で開催している「駒井哲郎展」に行ってきました。副題を「煌めく紙上の宇宙」としていて、銅版画のパイオニア的存在だった故駒井哲郎の大掛かりな回顧展になっていま […]
  • 横浜の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展 昨日、会議の合間を縫って、横浜の桜木町にある横浜美術館で開催中の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展を見てきました。本展は「変わるものと変わらざるもの」という副題がついていて、日本古来の伝統文化とモダン […]

Comments are closed.