「田中恭吉 ひそめるもの」読後感

「田中恭吉 ひそめるもの」(和歌山県立近代美術館企画・監修 玲風書房)を読み終えました。あまりにも短い23年の生涯を疾風の如く走り抜けた画家田中恭吉は、結果的には遺作集となった萩原朔太郎の詩集「月に吠える」の挿画で世に知られたと考えるのが一般的であろうと思います。萩原の処女詩集としての言語表現と田中の遺作としての絵画表現、この生と死が交差するところに詩集「月に吠える」の独特な存在があると私個人では考えています。田中恭吉が21歳で喀血し、結核療養のため和歌山県に帰郷し、病床にありながら恩地幸四郎に既存作品を託し、ペン画を描き、短歌を詠む日常はどのようなものだったのか、自分には想像すら出来ません。東京美術学校日本画科の旧態依然とした教育には懐疑的で、真に「気分を漲らせ人々を襲う表現」(夏目漱石評より抜粋)を田中恭吉は求めていました。田中自身の言う「底痛みのする革命」とは何か。不治の病から逃避せず、精神生活そのものを表現する世界、それが短くも煌めく象徴的表現となって表れたと考えます。田中のオリジナル作品が見られる機会があったら、是非見たいと思っています。

関連する投稿

  • 日記の公開 20世紀を代表する画家パウル・クレー。今、通勤時間帯に「クレーの日記」を読んでいます。これはクレーのご子息が編者を勤めていることから明らかなようにこれが公開されるとは生前のクレー自身はわかっていなか […]
  • 詩画混在のJ・ミロ 象形文字のように単純化された形態をもつジョアン・ミロの絵画には、日本の前衛書道に共通する余白のセンスがあります。余白は空間であり、そこに平面でありながら立体としての空間を感じるのは私だけでしょうか。 […]
  • クレーの絵本 パウル.クレーという画家は私の頭の中にちょこちょこ顔を出して、造形する心をくすぐってくれたり、気持ちを軽くしてくれます。「クレーの絵本」という小さな本は私の大好きな書物のひとつです。谷川俊太郎の詩が […]
  • 彫刻家飯田善國によるピカソ評 7月27日付の朝日新聞「折々のことば」欄に、彫刻家飯田善國によるピカソ評が掲載されていて、目に留まりました。「十歳で どんな大人より上手に 描けた 子供の ように描けるまで一生 […]
  • 6月RECORDは「浸潤の風景」 「浸潤」というのは、あまりいい意味では使われないコトバです。「肺浸潤」という病名があり、それは結核菌におかされた肺の一部の炎症が広がっていく疾患です。浸潤の単純な意味では次第にしみ込んで広がることを […]

Comments are closed.