2013図録打ち合わせ

昨夜、今年の個展のための図録の打ち合わせをカメラマンと持ちました。今月6日に撮影した画像が一部出来上がってきたので、図録雛型のレイアウトに従って画像を選びました。「発掘~地殻~」「発掘~連築~」の全体と部分写真、表紙、セルフポートレイト等々を選んで組み合わせを考えました。「陶紋」の野外撮影は後日になります。日頃の公務の疲れで、夜自宅に帰ると頭が朦朧としていましたが、カメラマン2人が自宅にやってきて打ち合わせが始まると、気分が変わりました。毎回NOTE(ブログ)に書いていますが、打ち合わせは自分にとっては楽しい時間で、アナログな彫刻がデジタルな画像に置き換えられ、まるで違う相貌を見せるのです。そこが面白いと感じます。視点から処理に至るまで自分は全てカメラマン任せにしています。彼らの感覚に任せた方が大きな世界を獲得できるのです。また、アナログ作者とデジタル作者の個性の相違が刺激的な世界を生み出すと思っています。今回の図録も楽しみです。

関連する投稿

  • 15冊目の図録が届いた日 私は個展の度に、同じサイズ、同じ頁数の図録を用意しています。そのために懇意にしているカメラマンに図録用の撮影をお願いしてきたのでした。今年が15回目の個展なので、図録は15冊目になります。毎年100 […]
  • 新しい図録のレイアウト考案 私は個展の度に新しい図録を用意しています。図録は大きさも頁数も決めてあって、毎年内容だけを変えているのです。今年で15冊目になります。カメラマンによって撮影され、全頁カラー版にしているのは理由があり […]
  • 週末 2020年図録用撮影日 毎年、この時期に個展の図録用に彫刻作品の写真撮影を行っています。数えればもう15回目になりますが、この日が新作のゴールになるため、私は朝から気持ちが休まることはありません。集合彫刻である私の作品は、 […]
  • シリーズ化した図録のレイアウト 今晩、懇意にしているカメラマン2人が、図録作成に向けた全体のレイアウトをもって自宅にやってきました。私の個展用の図録は14冊目になりますが、今まで全て同じサイズ、同じページ数、似たようなレイアウトで […]
  • GW③ 「陶紋」の新作に取り掛かる 陶彫による小品は、10数年前のギャラリーせいほうで開催した最初の個展から出品し続けています。まず最初は「球体都市」40数点を何年かに亘って展示しました。「球体都市」は既に売れた作品もあります。次に始 […]

Comments are closed.