2013印のデザイン

先日、和紙に押印したものを作品に貼りつけてサインの代替としている旨をNOTE(ブログ)に書きました。今年夏に発表する「発掘~地殻~」と「発掘~連築~」の印のデザインをしました。以前NOTE(ブログ)に書いたことがありますが、自分は書道に使う落款とは異なる自由な印を作っています。自分は印を抽象絵画のように考えていて、不思議な記号が登場するミロやクレーの作品に近いものを求めています。使う文字も篆書体や草書体をさらにアレンジして文字の態を成さないものに変えてしまいます。アルファベットも自由に使っています。今回は漢字とアルファベットを組み合わせて、さらに構成化して絵画的な印を作ろうとしています。文字の変形は楽しいと感じます。画面が迷路のようになり、小さな宇宙が生まれてきます。石を彫り、版を押す工程もあり、印はそれだけでひとつの作品に成り得ると思っています。

関連する投稿

  • 新作印のデザインと彫り 陶彫部品を組み合わせる集合彫刻には、私は新作ごとに新しい印を貼り付けています。これは多くの部品から成り立つ故の工夫ですが、陶彫部品ひとつひとつの隠れた場所に印を貼り、番号をつけておきます。その番号に […]
  • 週末 今月末の日を迎えて 今日は5月最後の日でした。今月はゴールデンウィークに「発掘~丘陵~」が完成し、案内状の撮影を「発掘~丘陵~」を使って行いました。追って「陶紋」が完成し、カメラマンに野外撮影をお願いしました。「発掘~ […]
  • 週末 梱包の開始 今日は朝から工房に行って、7月にある個展のために新作の梱包を始めました。まず「発掘~根景~」の大きなテーブルの梱包から開始することにしました。大きめのビニールシートにエアキャップを貼り、テーブルの表 […]
  • 「発掘~増殖~」焼成終了 「発掘~増殖~」は床を這っていく有機的なカタチを陶彫で表現したモノで、どのくらいの大きさにするか決めかねていましたが、来年ギャラリーで発表する作品は、ギャラリーの広さを考えて、ある程度の大きさに限定 […]
  • 新しい印を作り始める 陶彫による集合彫刻を作っていると、作品によっては同じような陶彫部品が複数出来上がってしまう場合があります。まして過去の作品と混同することだってあり得ます。この部品はどの作品の一部なのかを明確にするた […]

Comments are closed.