「夢の家ⅩⅩⅩ」雑感

「夢の家ⅩⅩⅩ」は1972年に作られたルイーズ・ニーヴェルスンの彫刻です。先日行ったDIC川村記念美術館「BLACKS展」に展示されていて、とくに印象に残った作品です。箱を積み上げて、その中に様々なモノをアッサンブラージュし、全てを黒く塗装したニーヴェルスンの彫刻は、壁面の大きな部分を占めて存在しています。そうした作品群とは、ちょっと趣を異にしているのが「夢の家ⅩⅩⅩ」で、箱を積み上げたユニットではなく単体で表現された作品です。ニーヴェルスンの作品にしては、比較的小さく縦に長い直方体で上部は切妻屋根になっています。一見すると積木細工のように小さな角度の付いた矩形で覆われていて、土俗的であり未来的でもある住居のようにも見えます。自作と繋がる要素を感じて印象に残りました。自分は表面に矩形が刻まれた碑が大好きで、人々の営みの記憶をそこに見て取るのです。「夢の家ⅩⅩⅩ」からそんな恒久なる歴史に思いを抱いてしまうのです。

関連する投稿

  • 「金属素描」についての雑感 武蔵野美術大学美術館で開催している「脇谷徹ー素描ということ」展の図録に、作者が書いたこんな文章が掲載されています。「私が『素描』という呼称にこだわる理由には、『素描』の『素』という漢字の持つ意味が大 […]
  • 週末 土練り&美術館散策 週末になりました。週末になると私は職場の仕事を一時忘れ、創作活動に邁進します。心が解放される瞬間がやってくるのです。今日は武蔵野美術大学美術館で開催されている「脇谷徹ー素描ということ」展に行こうと前 […]
  • 武蔵美の「脇谷徹ー素描ということ」展 先日、東京都小平市にある武蔵野美術大学美術館で開催している「脇谷徹ー素描ということ」展に行ってきました。彫刻家脇谷徹氏は私が彫刻を学び始めた頃、共通彫塑研究室で助手をやっていた人でした。出品作品は彫 […]
  • イサム・ノグチ 草月会館の「天国」 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • イサム・ノグチ 美術館建設&ビエンナーレ 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]

Comments are closed.