「彫刻家との対話」読後感

「彫刻家との対話」(酒井忠康著 未知谷)を通勤電車の中でとつおいつ読みました。前に同じ著者による「彫刻家への手紙」を読んだ時に、現代彫刻に対する評論、というより幾重にも重なりあう思索を知り得て、自分が彫刻家の端くれで曲がりなりにも現代を意識しているモノを作っていることを改めて考え直す契機になりました。彫刻に関する評論は、自分にとっては大変身近な哲学であると認識しています。今回読んだ「彫刻家との対話」でも、たとえば本書の前に読んでいたゲーテの美術評論に比べると、現状の社会生活に中に存在する空間造形の価値が示されていて、自分の制作に直接繋がるものを感じます。現代の造形表現の多様化に対し、それを論じる人の視点や解釈も多種多様になって、本書には一筋縄ではいかない面白さがありました。あとがきに「彫刻のメタファーを触媒とすることによって、少なくても人間的なかかわりの領域にこうした問題(不思議を解明する手立て)を連れ戻すことができるのではないか(略)」とありますが、彫刻は人が創出するもので、人の思索の具現化であると考えます。理解できないものをどう読み解くか、自分も他の彫刻家の作る世界に接した時に、解らないでは済まさない姿勢で臨んでいます。

関連する投稿

  • 彫刻家父子の往復書簡を思い出す 現在、通勤時間に読んでいる「ある日の彫刻家」(酒井忠康著 […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 「イサム・ノグチ 庭の芸術への旅」読み始める 「イサム・ノグチ 庭の芸術への旅」(新見隆著 […]
  • 充実していた11月 11月の最終日になりました。今月を振り返ると、勤務を要しない日が10日間あり、創作活動に邁進していました。背の低いテーブル彫刻の天板の設置、テーブル上部に置く陶彫部品の仕上げと焼成、背の高いテーブル […]
  • ドイツ表現派に纏わる雑感 現在、通勤中に読んでいる「触れ合う造形」(佃堅輔著 西田書店)と、職場に持ち込んで休憩中に読んでいる「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]

Comments are closed.