創造行為を考える

作品のイメージが湧く時や場面を思い起こしてみると、スポーツ等をやっていてテキパキと身体を動かしている時には、自分はなかなか創作イメージは出てきません。個人差もあるのでしょうが、技術的な作業をしている時も、スポーツの時と同じように思えます。土台に創作イメージがあっても、土を練ったり木を彫ったり、あるいは絵画でも平塗で色彩を施している時は、単なる作業であって創造行為とは違う頭脳の使い方をしていると思えます。彫刻の場合は創造行為から発し、職人的作業を経てカタチになっていくものがあり、創造的ではない仕事が大半を占める場合があります。創造行為は自分の全感覚を集中させて、頭で描いたイメージと眼の前にある具現化されたモノを行き来して決断を下しています。その決断を常に行うのが理想ですが、自作の場合は職人的作業が介在するため、暫し全体を眺めて創造行為に戻ることが出来ない場面があります。制作工程に時間がかかる媒体なので、自分自身で作業を行う以上仕方がない面もありますが、創造的ではない作業を進めていく上でイメージ通りにいかず、今までの作業が徒労に終わることもあります。最近は痛い目に合わないために用意周到になり、失敗も少なくなったことが挙げられますが、併せて冒険も少なくなったように感じています。

関連する投稿

  • 台風接近でも野外イベント実施 私の職種を知っている人であれば、ここに登場する野外イベントがどんなものであるのか、予め見当がつくと思います。本来なら5月に行うイベントでしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、今月になって実施した […]
  • 私にとって創るとは… つくるという漢字表記は3種類あります、作る、造る、創るの3種類ですが、このNOTE(ブログ)で私が言いたい主旨なら、創るという漢字が一番相応しいと思っています。創るは創造行為を示すものだからです。私 […]
  • 四連休2日目 東村山市立中央公民館へ 四連休2日目になりました。以前から計画していたことですが、今日は家内と車で東京にある東村山市立中央公民館へ出かけました。同館の1階会場で、私の師匠である彫刻家池田宗弘先生が個展を開催していて、午後2 […]
  • 「聚景」印のデザイン 私の立体作品は、陶彫による部品を組み合わせて構成する集合彫刻で、ギャラリー等で展示する際に別々に箱詰めした陶彫部品を取り出して、番号を確かめながら組み合わせていきます。工房では全体像を考えながら部品 […]
  • 週末 案内状の宛名印刷 週末になりました。個展開催まで残すところ2週間になり、朝から工房に篭って陶彫部品を木箱に詰める作業をやっていました。梱包は既に作ってあった10箱が詰め終わり、これからさらに10箱程度を用意しなければ […]

Comments are closed.