3月RECORDは「束」

RECORDは小さいながらもパワーが必要な媒体で、日々刺激を味わっています。一日1点制作という自分に課した創作行為は、時として厳しい局面に差し掛かることがあります。日記のように一日を単純に記録するものではなく、常に美術的イメージを持ち、それを僅かな時間で具現化しなければなりません。もっと雑駁なスケッチでも可としたいところですが、自分は一度机に向かうと頭を捻ってしまう癖がついてしまっているようです。気儘に描くことが出来れば、RECORDはもっと楽しくなるはずですが、今は内容のさらなる深化に努めてしまいます。今月のテーマを「束」にしました。束ねることは物質に限らず仕事上の組織や人の感情に関わるものでもあります。現在置かれている自分の職場での立場も考慮して表現していきたいと思います。

関連する投稿

  • 頭の中のエスキース ひとつ立体作品のイメージが浮かぶと、スケッチブック等にエスキースをしてイメージを確かめながら、平面作品として残しておきます。一日1枚のペースで小さな平面作品を作り続けているRECORDの場合も同じで […]
  • 母が他界した日 私の母が他界しました。享年94歳。大正15年生まれで、大正、昭和、平成、令和の4つの時代を生きた人でした。数年前から介護施設にいて、昨晩体調が悪化して病院に救急搬送され、その時家内と見舞ったのが母の […]
  • 夢の記述 最近ほとんど夢を見ないので、夢に関する話題は自分にとって微妙と言わざるをえません。家内はよく夢を見るらしく、朝食の時に夕べ見た夢の話題になる時があります。夢はどんな時に見るのでしょうか。精神状態や健 […]
  • 7月の制作目標 1年は1月元旦から始まり、12月31日の大晦日で締めくくります。職場では年度切り替えのため、4月1日から始まり、翌年の3月31日で締めくくります。私の創作活動における暦は、今月が1年間の締めくくりに […]
  • 真冬の夜は睡魔と闘う 仕事から帰ってくると、私にはもうひとつの仕事が待っています。二束の草鞋生活の辛いところですが、夜は時に工房に出かけ、陶彫制作をやってみたり、自宅の食卓では毎晩RECORDをやっています。リビングに置 […]

Comments are closed.