グレコによる「無原罪のお宿り」

先日、東京都美術館で開催中の「エル・グレコ展」を見て、キリスト教の図像学も知らず根拠もないまま、その迸る表現に単純に圧倒されてしまう自分がいました。グレコはギリシャで生まれ、イタリアを遍歴し、スペインに至る道で次第に己の表現を極めていきました。今回来日した作品で最も巨大な作品は「無原罪のお宿り」です。縦3m以上、幅170cm以上の大画面に聖母マリアが曲がりくねって上昇するように描かれていました。複数の人体が縦に長く描かれているのは、天上へ視点を誘う意図であろうと思われます。この絵画は全体を同一視点で眺めるより、視点を変えて描かれた部分を見ていく方が相応しいように思えます。ドラマを紐解くように彫塑的な人体を下から上へと撫でるように見ていくと天上の光に到達するようになっています。人が罪を許されて神に導かれていくように思えてきます。今回の展覧会では最後の部屋に展示されていた「無原罪のお宿り」はグレコの集大成的な絵画であることに間違いはありません。

関連する投稿

  • G・クリムトからE・シーレまで 国立新美術館で開催中の「ウィーン・モダン」展には、「クリムト、シーレ […]
  • 目黒の「キスリング展」 先日、東京目黒にある東京都庭園美術館で開催されている「キスリング展」を見に行ってきました。まとまったキスリングの油彩を見たのは実は私は初めてだったように思います。キスリングは、エコール・ド・パリを代 […]
  • 週末 個展終了して美術館巡りへ 昨日、ギャラリーせいほうでの私の個展が終了しました。反省はいろいろありますが、ともあれホッとしたことは事実です。個展開催中は自分が会場にいなくても気がかりでなりませんでした。やはり終わってみると一抹 […]
  • 横浜の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展 昨日、会議の合間を縫って、横浜の桜木町にある横浜美術館で開催中の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展を見てきました。本展は「変わるものと変わらざるもの」という副題がついていて、日本古来の伝統文化とモダン […]
  • 連休③ 千葉県佐倉から神奈川県平塚へ 連休3日目の今日は工房での作業を休んで、朝から家内と車で地方の美術館巡りをしてきました。地方といっても日帰りのため首都圏の範囲です。まず首都高速から東関東自動車道に乗り、千葉県佐倉にあるDIC川村記 […]

Comments are closed.