「マチスの肖像」を読み始める

「マチスの肖像」(ハイデン・ヘラー著 天野知香訳 青土社)を読み始めました。画家アンリ・マチスはピカソとともに20世紀を代表する巨匠です。先日、鎌倉の美術館でマチス晩年の画集「ジャズ」を見てきたばかりで、光り輝く色彩による世界を堪能しました。マチスは自分の鑑賞遍歴とともに評価が変わっていった画家で、そういう意味では先日のNOTE(ブログ)に書いたエル・グレコと同じです。マチスはその強烈な色彩で野獣派と言われています。色彩が写実から離れ、物質的な色彩に移行していく過程で、カタチも象徴化・抽象化の一途を辿っていくようです。大作「ダンス」は大胆な構図と色彩で印象深く自分の脳裏に焼きついています。晩年の切り絵に至っては抽象そのものになり、単純にして豊かな表現を手に入れています。南仏ヴァンスの礼拝堂はマチス芸術の頂点をなすものと自分は思っているので、いずれ見に行きたいと願っています。マチスが線や面を単純化・本質化していく過程で、どのような思索をもち、深化発展していったのでしょうか。本書が楽しみになっています。

関連する投稿

  • 「見えないものを見る カンディンスキー論」読後感 「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 「モディリアーニ」第3章のまとめ 「モディリアーニ 夢を守りつづけたボヘミアン」(ジューン・ローズ著 宮下規久朗・橋本啓子訳 […]
  • アンフォルメルとヴォルスの関係 先日、DIC川村記念美術館で開催されていた「ヴォルス展」に行き、ヴォルスが生きた時代に興った美術の潮流に思いを馳せる機会を持ちました。それはアンフォルメルという一連の動きで、仏語で非定型な芸術という […]
  • ドイツ表現派に纏わる雑感 現在、通勤中に読んでいる「触れ合う造形」(佃堅輔著 西田書店)と、職場に持ち込んで休憩中に読んでいる「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]

Comments are closed.