「手の痕跡」が物語る塑造の数々

先日、東京上野にある国立西洋美術館で「手の痕跡」と題されたロダンやブールデルの彫刻展を見てきました。日本には松方コレクションを初めとするフランス美術の名作があり、とりわけロダン等の鋳造作品の数々は圧巻と言えます。自分は10代の終わりに工業デザインから彫刻へ志望を変えて大学受験に臨みました。最初の動機として建築的な立体造形に憧れていたのですが、大学に入ったら塑造の習得に明け暮れ、立体構造は塑造を通して学ぶことになりました。学生として最初に影響されたのがロダンで、次にブールデルやマイヨールでした。マンズーやファッツィーニ、ムアやジャコメッティ、抽象ではブランクーシやノグチ、カルダー等々がそれに続きます。もの派等の現代彫刻、インスタレーションへの道はさらにその先にありました。自分の学生時代はロダンのように流麗で逞しい塑造ができたらいいなぁという思いがありました。塑造の表面に残る手の痕跡を眺めながら、内部から外へ出てくる肉塊の表出、隆々とした筋肉に満ち溢れる緊張感、うねるように迸る抒情、そこに付随する文学性は好きにはなれませんが、それでも自分の原点を見るような思いで今回の展覧会を見て回りました。

関連する投稿

  • イサム・ノグチ 各国の旅から日本へ 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 横浜の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展 昨日、会議の合間を縫って、横浜の桜木町にある横浜美術館で開催中の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展を見てきました。本展は「変わるものと変わらざるもの」という副題がついていて、日本古来の伝統文化とモダン […]
  • 連休③ 千葉県佐倉から神奈川県平塚へ 連休3日目の今日は工房での作業を休んで、朝から家内と車で地方の美術館巡りをしてきました。地方といっても日帰りのため首都圏の範囲です。まず首都高速から東関東自動車道に乗り、千葉県佐倉にあるDIC川村記 […]
  • 初台の「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」展 最近まで読んでいた「イサム・ノグチ 庭の芸術への旅」(新見隆著 武蔵野美術大学出版局)の印象も覚めやらぬうちに、東京初台にある東京オペラシティ […]
  • 川崎の「イサム・ノグチと岡本太郎」展 先日、神奈川県川崎の生田緑地にある岡本太郎美術館に行きました。同館で開催中の「イサム・ノグチと岡本太郎ー越境者たちの日本」展が見たくて、久しぶりに木々に囲まれた岡本太郎美術館まで足を伸ばしたのでした […]

Comments are closed.