「小野元衛」展

小野元衛という画家を自分は展覧会を見るまでは知りませんでした。28歳という若さで世を去った画家は、とくに今まで話題になることもなかったので、美術館での展覧会としては初めてだったのでないかと思いました。先日、神奈川県立近代美術館鎌倉館別館で開催されていた「小野元衛」展に行って、夭折の画家の魂に触れてきました。貝殻のモティーフ、風景や仏像をテーマにした連作、走り書きしたスケッチ等を見て、もう少し長く生きられれば大作も生まれたであろう可能性に無念を感じました。自分は教会や東京のニコライ堂を描いた作品が好きです。画家はどんな思いでこうした建物を描いたのか、心が命じるままにデフォルメされた建物は、何か炎に揺らめいた情感を感じさせます。小品絵画に込められた思い。一時は朱や黄色を主調にした激しい表現の吐露は、画家がその宿命を知っていたかのような感があります。

関連する投稿

  • 茅ヶ崎の「國領經郎展」 既に閉幕している展覧会の感想を取り上げるのは恐縮ですが、横浜生まれの國領經郎の画業を自分なりに振り返ってみたいので、詳しい感想を掲載させていただきました。広漠とした砂丘に人物の群像が描かれた絵画が、 […]
  • パウル・クレーの授業 先日見に行った東京ステーション・ギャラリーで開催中の「きたれ、バウハウス」展では、バウハウスの教壇に立っていたドイツ人画家パウル・クレーの作品の他に、クレーに師事した学生たちの作品もあり、大いに興味 […]
  • 週末 陶彫成形準備&茅ヶ崎散策 やっと週末になりました。8月最後の週末は相変わらず気温が高く、工房にずっと篭るのは辛いかなぁと思いました。そこで朝7時に工房に行き、明日の陶彫成形のためにタタラを数枚用意し、2時間程度で工房を後にし […]
  • 週末 陶彫制作&横浜の展覧会 週末になりましたが、昨日まで夏季休暇を取っていて、休暇中から陶彫制作を継続してやっています。今日も身体がおかしくなりそうなほど気温が上がり、この体感は体温に近づいていると思いました。工房は野外とほと […]
  • 横浜の「深堀隆介 金魚愛四季」展 先日、横浜駅に隣接するデパートそごう8階の催し物会場でやっていた「深堀隆介 […]

Comments are closed.