飼い猫とのケンカごっこ

捨て猫だったトラ吉は、この2年間で結構大きくなり、抱き上げるのも重くなりました。自分が帰宅すると、短い鳴き声を発しながら自分のところに走ってきます。足元にじゃれついて、そのうち自分が座る食卓に飛び乗って、前足で自分の手をパンチしてきます。いわゆるケンカごっこです。自分が応戦するとトラ吉はしだいに興奮してきます。それが面白いのか、毎晩同じ行動になって飽きもせずケンカごっこを繰り返しています。私が面倒になって、家内に押し付けることもありますが、トラ吉は何度も自分の方に擦り寄ってくるのです。私は小さい頃から猫に好かれることが多く、実家で飼っていたタマもよく自分に擦り寄ってきました。当時、実家は亡父が営んでいた造園業との兼業農家で、タマはほとんど野生化していて、木造だった母屋の縁の下に住んでいました。縁側に自分が佇んでいると、タマはそっと忍び寄ってくるのでした。そんなタマとのケンカごっこもありましたが、自分がふざけて思い切り遠方にタマを放り投げたことがありました。それでも健気にタマは自分のところにやってきました。猫にあらゆる悪戯を仕掛けた自分でしたが、タマが死んで、母親が畑に穴を掘って埋めた時に、目頭が熱くなった記憶があります。今はトラ吉がいて、タマへ過激な悪戯をした自分が、トラ吉を構うことで猫族に懺悔していると勝手に思っています。

関連する投稿

  • コロナ渦の文化イベント 私の職種では年間を通じて、いくつかのイベントが計画されています。野外で行う体育的なイベントや室内で行う文化的なイベントがその代表的なものですが、野外に比べて室内で行うイベントは、新型コロナウイルス感 […]
  • 夏季休暇最終日 新盆&陶彫加飾 5日間あった夏季休暇が今日で終わります。工房で新作の陶彫制作に邁進しつつ、「江戸東京たてもの園」に建築家前川國男邸を見に行き、別日に東京ステーションギャラリーの「きたれ、バウハウス」展、池袋の「自由 […]
  • 台風接近でも野外イベント実施 私の職種を知っている人であれば、ここに登場する野外イベントがどんなものであるのか、予め見当がつくと思います。本来なら5月に行うイベントでしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、今月になって実施した […]
  • 週末 相続手続き&最新作陶彫第一歩 6月最初の週末を迎えました。今夏の個展で発表するであろう新作は全て出来上がり、先週末に写真撮影をしたところですが、新作は修整が多く、梱包を含めて今月の週末にやっていくつもりです。発表するであろうとし […]
  • 歯の治療&車検 職場から年休をいただいて、自分の用事を済ませてきました。ひとつは歯の治療です。身体を酷使するとぼんやりと左上の奥歯が痛くなっていました。治療済の歯だったので、これはどうしたものだろうと思いました。と […]

Comments are closed.