芸術家が愛した猫たち

世に知られた芸術家がどんな動物と共存し、また作品にどう表現したか、そのランキングがあれば知りたいものです。私見で言えば猫が一番多いのではないかと推察しています。犬や他の動物に比べて、猫は人に媚びる時と我関せずの時の仕草があります。芸術家の人気を集めている所以がそこにあるのかもしれません。人に媚びず唯我独尊というスタンスが芸術家に似ているとも感じます。自分が彫刻を学び始めた頃、東京都立美術館で池田宗弘先生の真鍮による猫の群像彫刻に出会いました。中心に魚の骨が置かれ、それを目指して四方八方から痩せ細った猫が忍び寄る状況を真鍮直付けで表した作品で、猫の骨格だけになったボロボロの姿態が、逆に生きる逞しさを表現していて、私はその作品に一目惚れをしてしまったのでした。最少の量感で最大の表現力。猫の圧倒的な存在感。そこに猫を愛してやまない芸術家の側面を見た気がしました。画家藤田嗣治の描く猫も素晴らしいもので、猫を飼っているからこそわかる猫の仕草や表情が絵から伝わってくるのです。まだ、猫をテーマにしている芸術家はいます。追々感想などを述べていきたいと考えています。

関連する投稿

  • モディリアーニとブランクーシ 「モディリアーニ 夢を守りつづけたボヘミアン」(ジューン・ローズ著 宮下規久朗・橋本啓子訳 […]
  • 連休③ 千葉県佐倉から神奈川県平塚へ 連休3日目の今日は工房での作業を休んで、朝から家内と車で地方の美術館巡りをしてきました。地方といっても日帰りのため首都圏の範囲です。まず首都高速から東関東自動車道に乗り、千葉県佐倉にあるDIC川村記 […]
  • 彫刻家飯田善國によるピカソ評 7月27日付の朝日新聞「折々のことば」欄に、彫刻家飯田善國によるピカソ評が掲載されていて、目に留まりました。「十歳で どんな大人より上手に 描けた 子供の ように描けるまで一生 […]
  • 川崎の「イサム・ノグチと岡本太郎」展 先日、神奈川県川崎の生田緑地にある岡本太郎美術館に行きました。同館で開催中の「イサム・ノグチと岡本太郎ー越境者たちの日本」展が見たくて、久しぶりに木々に囲まれた岡本太郎美術館まで足を伸ばしたのでした […]
  • 横浜の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展 昨日、会議の合間を縫って、横浜の桜木町にある横浜美術館で開催中の「イサム・ノグチと長谷川三郎」展を見てきました。本展は「変わるものと変わらざるもの」という副題がついていて、日本古来の伝統文化とモダン […]

Comments are closed.