ポーランド・ポスター「三人の女性」

先日、ヨコハマ創造都市センターで開催されている「ポーランド・ポスター展」を見に行って、何気なさに惹かれた一枚のポスターがありました。図録では大きく取り上げられることもなく、鑑賞者が立ち止まってみるような刺激的な要素の少ないポスターでしたが、その簡潔な表現に目が留まりました。作者はミェチスワフ・ヴァシレフスキで、スプーンとフォークとナイフの3つのシルエットが、ほんの僅かデフォルメされて女性のシルエットに見えるというポスターでした。ポスターは宣伝効果をまず第一に考えますが、道行く人の心をキャッチするために過激な色や奇抜な発想でなくても、その単純さと構成の美しさで十分印象に残るものが出来ると思います。そういう意味でも伝える内容に相応しいポスターがいいのではないかと思うこの頃です。商品を思い描く時はデザインとともに思い描くことが多いと感じます。長く愛されるデザインには、人の心に長く留める仕掛けがあると思います。発想の面白さだけでなく、時代に定着するデザインとは何か、「三人の女性」をデザインしたポスターの前で、暫し考えさせられた一場面でした。

関連する投稿

  • 母の施設引越し&美術館へ… 今日は職場で年休をいただきました。ちょうど外会議もなく、書類を早急に作ることもない日は、一日休んでも大きな影響がないと判断しました。突発的な危機管理が求められる場合は、副管理職から連絡が入ることにな […]
  • 週末 母の用事&美術館散策 やっと待ちに待った週末になりました。今日は予定がいっぱい詰まっていました。明日の陶彫成形に備えて、早朝から工房に出かけ、タタラを4枚用意してきました。タタラは厚さ1cm、大きさは座布団大になるように […]
  • 何故奇想に惹かれるのか? フランドルの画家ボスやブリューゲルの奇想天外な版画を、先日まで東京で開催していた「バベルの塔」展で見て、空想の産物を面白がる気質が自分にはあることを改めて認識しました。現在読んでいる「奇想の系譜」( […]
  • 三連休初日 過密スケジュール 三連休になりましたが、今日はスケジュールが過密でした。NOTE(ブログ)は日記としての役割があるので、今日は自分の記録として書くことにします。まず朝7時に工房に行って1時間程度彫り込み加飾をやりまし […]
  • それでも新聞を読んでいます インターネットの普及で、新聞の購読率が下がっているという話を聞きます。新聞ファンの私としては残念だと思いますが、それでも新聞を読もうといろいろな人に勧めています。インターネットはひとつの話題を掘り下 […]

Comments are closed.