壁と床の一体化を考える

現在制作中の「発掘~地殻~」は、屏風として展示することを考えていますが、加えて屏風の前にも床置きの陶彫部品を作ります。壁になる陶彫・木彫部品と床に置かれる陶彫部品を一体化して作品を完成する予定です。自分は壁と床を使って空間を演出する展示は初めてです。床から壁に立ち上がっていく空間の繋ぎとなる陶彫部品も考えていて、近々成形に入ります。床置きの陶彫部品は、以前制作した「発掘~瓦礫~」や「発掘~楼閣~」と同じく配置はその場で考える自由なものです。置く場所によって配置を変える方法は集合彫刻だから出来る方法です。ひとつの作品で壁と床を使う展示方法は新しいものではありません。造形作品に限らずディスプレイやステージデザインでもよく見られます。「発掘~地殻~」は生命体が床を畝って屏風(壁)に這い上がっていくところを作り出そうとしています。また逆に壁から床へ行動範囲を広げようとしているとも取れる表現です。解釈は鑑賞される側に任せますが、旧作にないドラマ性のある世界にしようと思っています。陶彫制作が佳境を迎える中で、表現の拡大を図ったものとして頑張ってみようと思います。

関連する投稿

  • 週末 1月最後の週末に… やっと週末になりました。明日が1月最後の日になるため、週末としてはこれが最後の週末です。新作の制作状況としては、今月は厚板材を電動ノコギリやジグゾーを駆使して切断し、箱状に加工する作業に追われ、ほと […]
  • テーブル彫刻「発掘~突景~」について 現在作っているテーブル彫刻の題名を「発掘~突景~」にしました。同じ大きさのテーブル彫刻は、一昨年前に発表した「発掘~角景~」、昨年発表した「発掘~曲景~」があり、今回はそれに並ぶ3作目になります。「 […]
  • 師匠との関係について 長野県に住む彫刻家池田宗弘先生から雑誌「秘伝」が送られてきました。「秘伝」は武道に関する雑誌でしたが、私は武道に縁がなく、その精神性は分かったつもりでも理解できるところまでいっていません。池田先生は […]
  • 連休② 寒暖差が疲労を誘う 昨日は冬が再来したかのような寒さの中で、朝から工房に篭っていました。ストーブを焚こうか迷うほどでしたが、テーブル彫刻「発掘~曲景~」の柱を彫っているうち、身体が温まってきてちょうどよい具合になりまし […]
  • 2019’12月の制作目標 今月をどう過ごすのか、年末年始の休庁期間を職場で設定している閉庁日として考えると、最大11日間ありますが、実際はそんなに休めるわけではありません。当然元旦は恒例として、私は制作を休んでいます。この1 […]

Comments are closed.