週末 陶彫制作が佳境

今日は朝から工房にいました。成形から彫り込み加飾へ作業が進み、まさに陶彫制作は佳境を迎えています。今日は若いスタッフ2人が来て各々の制作に励んでいました。夕方になって制作を切り上げるまで休むことなく作業を続けていると、全てを忘れられて浮世離れしていく自分に気づきます。同じ空間に何人いようが時間も空間も自分ひとりになって自問自答しながらやっていくのが創作です。昼食時間がきて、ふと我に返ります。スタッフの一人が、大学の卒業制作をこの工房でやりたいと申し出てきました。テキスタイルはどこでも出来るのであれば工房での制作を認めました。創作に邁進できる空間があるからこそ現在の彫刻が作れる上、若いスタッフにも制作場所を提供できます。工房を出る時に窯入れを行いました。窯出しは3日後になります。今のところ着実に制作サイクルがまわっているように思います。

関連する投稿

  • 四連休初日 彫り込み加飾の一日 今日から四連休が始まりました。創作活動に邁進するつもりですが、あんなに辛かった酷暑もなくなり、朝晩は凌ぎ易くなったため身体に疲労が出ているらしく、気力が今ひとつ保てません。それでも今日は朝8時に工房 […]
  • 昭和の日は彫刻制作一辺倒 例年ならゴールデンウィークに入り、観光地がごった返しているニュースが流れていますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全国に緊急事態宣言が出されていて、外出自粛が呼びかけられています。以前私 […]
  • 週末 新作修整&最新作陶彫成形 […]
  • 週末 外出自粛における創作活動 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、首都圏ではこの週末に対して外出自粛という措置を取りました。海外の都市では非常事態宣言が出されているところもあり、閑散とした街の状況がニュースになっています […]
  • 週末 陶彫制作に拍車 今月最後の日曜日です。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、今日も首都圏では外出自粛という措置を取っています。ちょうど桜が満開を迎えていますが、桜は毎年咲くものなので今年は鑑賞を断念してもいい […]

Comments are closed.