週末 出勤前の集中制作

週末の2日間を全て制作に充てられることは少なく、今日も午後は出勤になりました。午前中は工房に行って制作をしましたが、短い時間の中で集中して作業を行い、少しでも制作工程を先に進められるように頑張りました。二束の草鞋生活では、集中力を高めることは否が応でも訓練ができていて、一気に作品内容の中枢に気持ちを入れ込んで制作を始められるのです。朝9時から昼12時までの3時間で何をどこまでやるのかを決め、心が途切れることなく突き進みました。ただ、こういう日は作品をじっくり眺める余裕がありません。思索もできません。あれこれ考えるには別の日を当てて、時間が限られている日は作業中心でいくのが得策です。とりあえず作る、作った陶彫部品をどう組み込むかは時間がある時に考える、そんな按配で3時間を過ごしました。明日は時間が取れるので、じっくり考えつつ制作を進めたいと思います。

関連する投稿

  • 週末 3点目の陶彫成形 日曜日は毎回美大受験生が2人工房へやってきます。彼女たちのうちの一人は予備校の夜間コースに通っていて、そこで出された課題を工房に持ち込んでくるのです。昼間は高校に通い、夜は予備校、そして週末は工房に […]
  • 昭和の日 連休の始まり 今日からゴールデンウィークが始まりますが、隣接する東京都に新型コロナウイルス感染が広がり、緊急事態宣言が出されているため、連休中も外出は避けるように各自治体では言っています。私のいる神奈川県でも感染 […]
  • 「発掘~盤景~」最後の窯入れ 今月30日(日)に迫った図録用の写真撮影日。そこから逆算すると最後の陶彫部品の焼成をやらないと撮影に間に合わなくなります。残った3点の陶彫部品の乾燥具合を確かめて、昨晩窯入れを行いました。計算上では […]
  • 週末 連続した制作の日々① […]
  • 週末 連続した制作の日々② 日曜日になりました。今日は朝から2人の美大受験生が工房に来ていました。東京にコロナ渦の緊急事態宣言が出されたことで、ゴールデンウィーク中に行こうと思っていた東京の美術館が臨時閉館されたことを、彼女た […]

Comments are closed.