23歳の頃…

昨日のNOTE(ブログ)で「不安定の中の安定」を書いていて思い出したことがあります。自分が23歳の頃のことです。大学で彫刻を学んでいた自分は、卒業制作を終え、五美大卒業制作展と称した東京都立美術館での彫刻展示をしていました。卒業式まで指折り数える日になり、とくに就職活動もしていなかった自分は、とりあえず父の営む造園業を手伝いながら海外に行く方法を探ろうと考えていました。そんな時に昼ごろになると決まって身体が重くなり、動けなくなってしまうのでした。これは病気と思い、大きな病院で精密検査もしましたが、異常は見つからず、自分は一体どうなってしまったのか不安が募るばかりでした。表向きは普通に振る舞っていたものの毎昼の数時間に恐怖さえ感じました。その後、海外へ行く目途が立つと不思議に身体が楽になり、元の自分に戻りました。あの2か月は何だったのだろうと述懐していますが、今も原因はわかりません。自分なりに考えると精神疾患の一つではなかったかと思うのです。当時は彫刻が人生を賭けるほど面白くなって、卒業により大学での制作環境が失われてしまうことが残念でなりませんでした。将来の不安、やりたいことが見つかっても出来ない不満、浮世離れした自分に現実が正視できない自己嫌悪、でも何とかしたい欲求が絡み合って、自分ではどうすることもできない甘えの構造があったのではないかと思うこの頃です。23歳の頃…今でも覚えている当時の気分に比べれば、社会人として甘えがなくなった現在の方が情緒が安定しているように思います。たとえ、時間に追われていたとしても…。

関連する投稿

  • 台風接近でも野外イベント実施 私の職種を知っている人であれば、ここに登場する野外イベントがどんなものであるのか、予め見当がつくと思います。本来なら5月に行うイベントでしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、今月になって実施した […]
  • GW④ 「陶紋」の制作継続 ゴールデンウィークの4日目を迎えました。一昨日から小品「陶紋」の制作に入っていて、今日も制作を継続しました。新作の「陶紋」は5点作る予定です。そのためのタタラを準備していたので、今日は昨日に続いて4 […]
  • 週末 相続手続き&最新作陶彫第一歩 6月最初の週末を迎えました。今夏の個展で発表するであろう新作は全て出来上がり、先週末に写真撮影をしたところですが、新作は修整が多く、梱包を含めて今月の週末にやっていくつもりです。発表するであろうとし […]
  • 週末 テーブル彫刻の砂マチ施工 今朝は自宅の新しくなったシステム・キッチンの食器棚に食器を収めていました。茨城県に住む陶芸家の友人の作品を初め、茨城県笠間や栃木県益子で手に入れたさまざまな器に思いを感じながら収納していました。自分 […]
  • 外出自粛の4月を振り返る 今日で4月が終わります。今月は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、首都圏の外出自粛から全国的な規模による緊急事態宣言に移行した1ヶ月になりました。職場も在宅勤務が始まり、年度初めに恒例として行われ […]

Comments are closed.