横浜の「辻村寿三郎人形展」

人形師辻村寿三郎はNHKドラマ「新八犬伝」に登場していた個性的な人形によって知りました。当時自分は高校生だったように記憶していますが、夕方放映のTV人形劇に熱中していました。美術を専門とする道に進んだ後も、辻村ワールドに機会あるごとに触れて、とりわけ衣裳の絢爛たる豪奢さと人形の情念のある風貌に目を奪われました。今回、地元横浜のデパートで開催される「辻村寿三郎人形展」は平家物語をテーマにしています。さっそく勤務終了後に時間を作って出かけました。何しろ職場から横浜駅まで歩いていけるので、帰りがけに立ち寄ることが可能なのです。作家は現在79歳ですが、その奔放な制作意欲と枯れることのない表現力に頭が下がりました。おどろおどろしい平清盛とそれを取り囲む群像。布地の渋い美しさ。魂を感じる人形のポーズ。彫刻とはひと味もふた味も違う世界ですが、心にダイレクトに働きかけてくるドラマ性と演じている人物のデフォルメされた面白さは、人形ならではのエスプリに富んだ世界です。平家物語の他に人形による仏像や十二支もあって充分楽しめる展示内容でした。

関連する投稿

  • 彫刻家として… 4月になりました。昨日は管理職退職辞令交付式に参加して、私の公務員人生にピリオドを打ちました。今まで職種を隠してきましたが、同じ職種の方々がこのNOTE(ブログ)をご覧になっていることもあり、今にな […]
  • 週末 美大の卒業制作展へ 今日も昨日に続いて展覧会に行きました。今日は工房に出入りしている美大受験生と一緒に東京都八王子市にある多摩美術大学の卒業制作展に車で出かけました。首都圏にある美術系大学の卒業制作展は3月に集中してい […]
  • 週末 土練り&美術館鑑賞 新型コロナウイルス感染症の影響で緊急事態宣言が出されている中、東京の博物館や美術館に行っていいものかどうか、数日前まで迷っていましたが、展覧会の開催期間終了が迫っていることもあって、インターネットや […]
  • 週末 土練り&美術館散策 週末になりました。週末になると私は職場の仕事を一時忘れ、創作活動に邁進します。心が解放される瞬間がやってくるのです。今日は武蔵野美術大学美術館で開催されている「脇谷徹ー素描ということ」展に行こうと前 […]
  • 週末 加飾&展覧会巡り 週末になりました。朝7時に工房に出かけ、10時までの3時間、新作の彫り込み加飾をやっていました。早朝制作を遂行したのは、今日は東京と横浜の博物館や美術館へ行く予定があったためでした。いつもならNOT […]

Comments are closed.