木彫との組み合わせを考える

現在制作中の「発掘~地殻~」は陶彫部品と木彫とを組み合わせていこうと思っています。我が国の木彫は仏像彫刻を初めとする長い歴史があります。伝統工芸品にしても緻密さや美しさでは特筆に値する木工技術を誇っています。木材に恵まれた環境だからこそ成し得た文化です。ただし、自分が木材を扱う時は、むしろ細部に拘らず、木材がもつ節やひび割れを容認しうる構造的な強さを求めたいと思っています。彫り跡も残します。彩色も想定しています。「発掘~鳥瞰~」や「発掘~混在~」は、加工した厚板に砂を貼って彩色した部分と、陶彫部品を集合体にして組み合わせましたが、今回の「発掘~地殻~」は木彫浮き彫りと、陶彫部品の集合体の組み合わせを考えています。これにはどのくらい制作に時間がかかるのか見当がつきませんが、木彫のイメージを捉え、鑿で彫り出しながら制作工程を修正していくしか方法がないのかもしれません。今はまだ陶彫成形をやっている最中ですが、陶彫が焼成までいく頃には、木彫に挑みたいと考えています。

関連する投稿

  • 9月の制作目標 今月は4回の週末があり、そのうち1回は4連休になります。陶彫制作においては、土曜日に土練りをして座布団大のタタラを数枚用意し、日曜日に成形や彫り込み加飾を行うのが定番になっています。その制作工程のう […]
  • 代休 床置き作品の全体構成 今日は関西出張の代休2日目になります。朝から工房に行って、昨日完成した「発掘~群塔~」屏風部分を確認しました。まだ焼成が終わっていない陶彫部品が3つありますが、木彫は接着まで終わりました。僅かな隙間 […]
  • 週末 「角景」テーブル刳り貫き作業 週末になって「発掘~角景~」の最終段階の作業を行うことになりました。「発掘~角景~」はテーブル彫刻です。テーブル部分に細工をする予定になっていて、刳り貫き部分を作るのです。テーブルの下には陶彫部品が […]
  • 遅々として進まぬ荒彫り 三連休の中日です。朝から工房に篭って木彫の荒彫りをやっていました。なかなかイメージ通りにならず、何度も木材に鉛筆で線を書き込んでは消していました。蔓のような木の根のようなモノが蛇行して這っていく状況 […]
  • 三連休最終日 制作振り返り 今日で三連休が終わりました。陶彫追加制作と木彫荒彫りに明け暮れた三連休でした。陶彫の追加分の方は何とかなりそうです。木彫の方はコツコツやっているにも関わらず、思ったより進まない状況です。昨年のように […]

Comments are closed.