西洋の没落「都市と民族と」そのⅢ

「西洋の没落」(O.シュペングラー著 村松正俊訳 五月書房)の第二巻を読んでいます。第2章「都市と民族と」のそのⅢとした副題は「原始民族、文化民族、フェラッハ民族」です。部分的な引用をいたします。「土着住民は決定的な多数となって~略~弱者が故郷を失うことが問題となる。かれらは自己を防衛しなければならないか、それとも新しい土地を獲得しなければならない。空間はもう一杯になっている。どんな種族も、あらゆる側面とたえず接触しないでは生きられないし、いつでも気を配って抵抗しようとする用意をしないでは生きられない。戦争という苛酷な必然は男を訓育する。民族は民族に接触、対抗しつつ内的偉大さにまで成長する。武器は人間に対する武器となり、動物に対するものでなくなる。」「(民族)の形態学の本質が認められるやいなや、歴史の民族の流れのなかに内的秩序が発見される。民族とは、言語的単位でも、政治的単位でも、動物的単位でもなく、魂的単位である。」この章では、民族の世界史的視野による移動や興亡が書かれています。点在していた原始民族が、現在の民族に落ち着くまでの考察が述べられていて、理論の奥行の深さを感じながら読み解きました。

関連する投稿

  • 飛躍の6月を振り返る 今日で6月が終わります。今月は7月個展のために図録を作成し、案内状も自宅に届きました。個展に出品する作品の梱包を始めていて、現在は陶彫部品を収納する木箱の製作に追われています。木材を調達しながら木箱 […]
  • 「状況-木彫」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第5章 タヒチ滞在(1891~1893年)とパリ帰還(1893~1895年)」の「1 […]
  • 「 《オヴィリ》1・2」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第5章 タヒチ滞在(1891~1893年)とパリ帰還(1893~1895年)」の「3 […]
  • 「ライゾマティクス_マルティプレックス」展の図録より 4月13日に見に行った東京都現代美術館の「ライゾマティクス_マルティプレックス」展の図録が郵送で自宅に届きました。随分時間が経っていたので、私は同展会場で図録を注文したことを忘れていましたが、届いた […]
  • 「木彫浮彫」について 「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「第4章 陶製彫刻と木彫浮彫(1889年と1890年)」の「6 […]

Comments are closed.