手塚治虫の「ネオファウスト」

現在読書中の「西洋の没落」に度々登場するファウスト的魂とは、ゲーテが生涯を費やして描いた「ファウスト」に由来するコトバです。「ファウスト」には栄光と挫折、無上の愛と非情な罪という人間が抱え込むあらゆる課題が詰め込まれ、それでも未来を求めて生きようとする人間の意志が貫く壮大な物語です。私は「ファウスト」そのものは未だ読んだことがないのですが、歌劇やドラマ仕立てのものは観ていて物語の概略は知っています。手塚治虫の絶筆になる「ネオファウスト」はゲーテの「ファウスト」を下敷にした大変面白い漫画で、購入した日から虜になって一気に読んでしまいました。戦後の学園紛争、東京五輪の建設ラッシュを背景にして、生体科学の権威である学者が悪魔の力を借りて若返り、遺伝子研究で新生命の創造を画策する物語です。若返った主人公が企業家の養子になって巨万の富を手に入れ、また学園紛争の混乱に乗じて大学に入り込んで前世行っていた自らの研究に着手する物語を縦糸に、純粋な愛をもつ女学生との関係を横糸にしたストーリー展開になっています。女学生の兄は公安警察で、私には彼が唯一の覚醒存在として映ります。妹とつき合っている男に悪魔が憑りついているのではないかと兄が疑う場面があり、悪魔は悪魔で色香漂う女性として描かれているのも「ネオファウスト」の特徴です。第二部は未完のまま終わっています。コマ割りと台詞のみが残されている頁があり、物語に今後の波乱万丈な展開が期待されるだけに未完のまま残された原稿に無念さを感じます。ゲーテの「ファウスト」は解釈によって大変魅力的な側面を持っていると思います。人間に備わっている知的または行動意欲や心理が描かれているので、これを下敷に様々なドラマが創作できると考えられます。ただ、西欧的な契約やキリスト教的な精神には日本人として若干違和感を覚えますが、そこは手塚流アレンジによって巧みに処理されていて、手塚の創造力の凄さを感じさせられました。

関連する投稿

  • ゲーテ「ファウスト」について ドイツの文豪であるヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテがその生涯を費やして書き上げた戯曲「ファウスト」。岩波文庫より出版もされているようですが、いまだに読んだことがありません。「ファウスト」に初め […]
  • 劇作家の逝去記事を巡って 先日、新聞に劇作家であり童話作家でもあった別役実逝去の記事が載っていました。今月の3日に亡くなったという記事でしたが、私は20代の頃に演劇を観に、東京のあちらこちらに通っていた懐かしい時代を思い出し […]
  • 「言語都市・ベルリン」を読み始める 「言語都市・ベルリン」(和田博文・真銅正宏・西村将洋・宮内淳子・和田佳子共著 […]
  • ギリシャ悲劇の起源 「ギリシャ悲劇の起源という問題は、まことに迷路と呼ばざるをえないほど複雑怪奇をきわめている。」「悲劇が悲劇の合唱団から発生したものであること、もともと悲劇は合唱団にすぎなかった~略~」「ギリシャ人は […]
  • アングラ演劇に魅せられた頃 土方巽の書物「病める舞姫」(土方巽著 […]

Comments are closed.