12‘今夏の読書について

学生時代から夏休みの課題の習慣が身についてしまっています。学校教育のなせる業で、読書が良いことか悪いことかと言えば、向上心を維持しているので、これは良いことと思っています。読書感想文なるものもこのNOTE(ブログ)を使って書いています。そこで今夏は何を読もうかと考えていますが、現在取り組んでいる「西洋の没落」一辺倒になる可能性があります。でも、せっかくの夏休みなので、もっと気楽に楽しめる書物の扉を開きたいと思っています。「西洋の没落」という壮大な論文の合間にちょっとした浮気をしたいと考えているのです。今まで美術評論ばかりになっているので、何か荒唐無稽な物語が読みたいなぁと思います。ただし、自分にとってノンフィクションの面白さは格別です。ノンフィクションもどきでも充分です。近日中に何か面白そうな書物を探しに行こうと思っています。

関連する投稿

  • 読書癖で保つ外出自粛 職場勤務と自宅勤務を正副管理職で交互にやっている生活が続いています。先行きが見えない不安を抱える中で、こんな事態は社会人になって初めてのことですが、海外での留学を含め長い学生生活を送ってきた私は、暇 […]
  • 書籍の整理 昨日から在宅勤務で、自宅にある書籍の整理を行いました。自宅のリフォームでリビングの壁一面に書棚を作ってもらったために、数十年も床に積んであった大量の書籍を新しい書棚に収めました。公務員になった頃に手 […]
  • 外出自粛の4月を振り返る 今日で4月が終わります。今月は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、首都圏の外出自粛から全国的な規模による緊急事態宣言に移行した1ヶ月になりました。職場も在宅勤務が始まり、年度初めに恒例として行われ […]
  • 令和元年度末の最終日 今日で3月が終わります。年度で言えば令和元年度末の最終日になります。私たちの職種は年度で変わるので、今日は職場を支えてくれた人たちの何人かとお別れしなくてはならない日になりました。職場で難しい課題が […]
  • 自宅のリフォームが大詰め 自分の生涯としては一大事となる自宅のリフォーム施工が大詰めを迎えています。まず1階の和室を洋室に変えて、ダイニングと一体化した空間にしました。和室の半分を収納庫にして、そこに家内の邦楽器を収める棚と […]

Comments are closed.