週末 6月の終わりに…

今日は朝から工房に行って、新作陶彫のためにタタラを作っていました。途中ちょっとした用事が出来て職場に行きましたが、その後は再び工房に戻って制作を続けました。新作陶彫の数多い部品のうち、今は最も大きな部品を作り始めています。手のかかる部品ですが、意欲に満ち溢れたこの時期に取り組むのがいいと考えます。ちょうど梅雨で湿度が高く、成形には最適な季節です。昨日、職場で個展の案内状と図録を配りました。二束の草鞋を履く自分は、敢えてもうひとつの顔を職場に見せることにしています。それを受け入れてくれる環境が職場にはあると信じているからです。今月はそんなことも含めて個展の準備に追われました。例年のことですが、来月の個展が迫っている気分と、既に新作に移行し来年の個展に向かって走り出している気分が混ざり合っているのが今月です。明日も新作陶彫の成形に明け暮れる予定です。

関連する投稿

  • 2020年評壇に掲載された寸評より ビジョン企画より出版されている新報の美術評壇欄に、私の個展の寸評が掲載されました。執筆を手掛けている美術評論家瀧悌三氏は、毎年必ずギャラリーせいほうに来てくださり、メモをされていきます。今回は瀧氏に […]
  • 週末 柱の梱包&最新作の加飾 週末になりました。個展の搬入まで数えるくらいしか週末がない中で、出展作品の梱包を最優先していますが、つい作りかけの最新作品が気になってしまい、今日も梱包の後で、創作的な仕事を入れてしまいました。梱包 […]
  • 週末 日常を取り戻す 昨日で個展が終了し、今日から通常の制作に入ることにしました。イベント終了の翌日は複雑な心境になります。一日ゆっくり休みたいと思うのですが、私の流儀はそうではなく、最新作の制作を何が何でも続けていくの […]
  • 週末 創作活動の動機を問う 今日は朝から工房に篭り、制作三昧の一日を過ごしました。昨日作っておいたタタラを使って、屏風に接合する陶彫部品2点を成形しました。昼ごろに近隣のスポーツ施設に行って水泳をしてきましたが、それ以外はずっ […]
  • 例年とは異なる5月です 新型コロナウイルス感染拡大が、日常生活に影響を及ぼす状況がこのところずっと続いています。5月になっても通常の生活に戻れる気がしません。そんな中ですが、今月の創作活動について考えてみたいと思います。創 […]

Comments are closed.