嵐の中の工房で…

台風4号の雨風が吹き荒れる中、仕事帰りに工房に立ち寄り、成形した陶彫部品に加飾を施しました。夜の工房は雨風の音で賑やかでした。不思議と集中して作業ができました。農業用倉庫として建てた工房には内壁がありません。工房は鉄骨を組み合わせてコンクリートパネルで覆っただけの簡単な構造で仕切りもありません。外の音が響き渡るのは外壁だけのせいかもしれませんが、工房内の空間には大変満足していて、多忙な中で制作に勤しめるのは工房のおかげだと思います。鉄骨が張り巡らされているので、近い将来は天井部分に厚板をおいて屋根裏収納を作ろうと思っています。簡易梯子をかけて比較的軽い作品を屋根裏に収納できれば、工房内をもっと広く使えると思います。亡父が残してくれた植木畑があったればこその工房ですが、自宅とは別の場所に非日常空間が持てる幸せを噛みしめています。時間に余裕ができれば収納部分を改造していきたいと思っています。これから時間をかけて工房内の有効利用を計画していきます。嵐の晩にそんなことを考えました。

関連する投稿

  • 週末 陶彫加飾&窯入れ 今日の天気は昨日の雨風が嘘のように晴れわたり、気温も上昇しました。工房に流れているFMラジオから、東京の桜の開花宣言があったと報道されていました。気温だけを考えれば春爛漫と言える季節になりました。工 […]
  • 週末 造形とコトバを考える 日曜日になって朝から工房に行きました。今日はいつも来ている美大受験生の他に文学系の高校生がやってきました。文学系の子は詩を書いたり、小説を書いてコンクールに応募しています。彼女も美大受験生同様、工房 […]
  • 週末 疲労回復を試みる 今週は職場で儀礼的なイベントがあり、また来年度人事が始まったこともあり、その他諸々のことで心身共に疲労してしまいました。帰宅した時の私の顔に疲労が滲み出ているせいか、家内にも心配される状況でした。管 […]
  • 思いが錯綜する3月に… 思いが錯綜する3月になりました。錯綜と言うのは、今月いっぱいで私が退職を迎え、創作活動との二足の草鞋生活にピリオドを打つからです。私は昭和62年(1986)に横浜市の公務員になり、平成21年(200 […]
  • 週末 3月最初の週末として… 3月最初の週末を迎えました。何回かNOTE(ブログ)に書いてきていますが、今月末で公務員管理職を退職する私にとって、週末ごとに創作活動に励む今までの生活は、今月のみになりました。何か特別な感じがしま […]

Comments are closed.