アナログ仕事の解放感

毎日仕事でパソコンに向かっている時は、自分には閉塞感があって、どんなに情報機器に慣れたところでこの気分が無くなるものではありません。パソコンの新しいワザを覚えるのにも失敗を繰り返しながら何とかやっている状況です。眼が悪くなり、もともと姿勢の悪い自分にとってパソコンに向かうことはツラいことでもあります。週末に工房で土を練ったり、木を彫る作業はなんと解放感に溢れていることか、身体を駆使してヘトヘトになっているにも関わらず、精神的には心地よく感じられます。自分はつくづくアナログな人間なんだと思います。素材と対話している時が、自分にとっては無上の喜びなのです。陶彫の滑らかな面に加飾を施していくうちに、自分の心は伸び伸びとしてきます。そんな快い瞬間がやってくるので創作活動がやめられないのかなぁと思っています。

関連する投稿

  • 週末 今月最初の週末に思うこと 10月の最初の週末がやってきました。昨晩は職場を早めに出させていただいて、叔母の通夜に家内と行ってきました。母の時と違い、新型コロナウイルス感染症拡大の影響がやや緩んで、通夜の参列が可能になっていま […]
  • 四連休初日 彫り込み加飾の一日 今日から四連休が始まりました。創作活動に邁進するつもりですが、あんなに辛かった酷暑もなくなり、朝晩は凌ぎ易くなったため身体に疲労が出ているらしく、気力が今ひとつ保てません。それでも今日は朝8時に工房 […]
  • 四連休最終日 新作の土台考案 今日で四連休が終わります。この時期に4日間連続の休暇があったことは、創作活動を進める上で有効だったと思っています。四連休は4日間ともずっと制作をやっていました。2日目に東京の東村山市立中央公民館に出 […]
  • 週末 母の四十九日法要&撮影準備 母は4月7日に他界し、4月13日に葬儀を行いました。享年94歳。大正、昭和、平成、令和を生きた人でした。今日は我が家の菩提寺である浄性院で四十九日法要を行いました。葬儀の時よりやや多い人数で法要を行 […]
  • 週末 新作修整&最新作陶彫成形 […]

Comments are closed.