風薫り 緑繁れる時

5月末になり気温が上昇してきました。梅雨入り前のとても気持ちのよい時季です。週末の制作疲れを抱えながら、今日も職場で仕事をしていましたが、ややもすれば新作のイメージが頭を過ります。自分の創作に対するヴァイオリズムは春から夏に向けて高揚していくようで、頭でっかちになってしまうことが度々あります。「風薫る」とは風に匂いを感じとる美しいコトバです。また都会の中でも緑は青葉若葉を繁らせています。こんな季節に創作のことだけ考えていたいと思うこの頃ですが、現実は眼の前にある雑務に囚われ、あちらこちらに気を配りながら一日が過ぎていきます。区役所で防災拠点に関する会議がありました。津波を想定した冊子も配られました。自分の職場は横浜駅近くで平坦な場所にあるため有事には厳しい対応を迫られる施設です。爽やかな季節にそれを断ち切ってしまう有事のことを考えながら帰途につきました。

関連する投稿

  • 週末 陶彫制作&亡母の遺産相続 昨日、亡母の遺産を管理している税理士が自宅にやってきました。生前の母は家賃収入があり、それを母が入所していた介護施設の経費に使っていました。父が亡くなる前に、両親が揃って公正人役場に出向き、それぞれ […]
  • 時間刻みの生活について 芸術家は自由な時間の中からインスピレーションを得て、それを具現化する仕事だという認識が、私は学生時代からありました。亡父は造園業、祖父も先代も大工の棟梁という職人家庭に育った自分は、自ら決めた時間で […]
  • 書物の魅力について 自分は昔から書物が大好きです。本の虫と言うわけではないけれど、常に書物を携帯しています。書物は扉を開くと無限な世界が広がっている感じがしています。それは映像のような視覚的イメージが限定されない世界で […]
  • イメージをもつ 創作活動では頻繁にイメージというコトバを使います。エスキースは具現化する前に行う作品の完成予想図のことで、頭の中に広がるイメージを出来うる限り描きとめる方法です。何かをイメージすることはモノ作りには […]
  • 創作に思いを馳せて… 公務員としての仕事中に、ふと創作に思いを馳せることがあります。ほんの少し心を解放して制作中の作品のことを考えます。頭の中で描くイメージ。顕在化しない自分の中の自由な落書。まだ自己表現を見つけられない […]

Comments are closed.