平治物語絵巻 三条殿夜討巻

東京上野で開催中の「日本美術の至宝」展で見た二つの絵巻に惹かれました。登場人物の表情やその表現の緻密さは今まで見た絵巻の中で群を抜いているように感じました。会場は大変な混雑ぶりで、人を押し退けないと実物に近づけない有様でしたが、何とか人と人の間から実物を垣間見て回りました。つまりそれは鑑賞者が後を絶たないほど凄い表現力を持った作品であることを示しているわけで、「吉備大臣入唐絵巻」の人物描写や「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」に登場する武士の甲冑や馬の表現、それらが群集となり、さまざまな姿態で表されている情景は、いつまで見てても飽きることがありませんでした。とりわけ自分は「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」のドラマ性のある展開に魅了されました。炎上する御所と上皇が拉致される場面が劇画的効果を齎していました。現在NHKで放映中の「平清盛」にも通じるものがあって楽しく見ることができました。絵巻は物語の展開が楽しめる素晴らしい表現方法です。史実の考察にも一役買っているのかもしれません。コンパクトに巻いて保存できるので、機会があれば自作の絵巻を作ってみたいと思いました。

関連する投稿

  • 暁斎流の「鳥獣戯画」について 先日、閉幕してしまった「河鍋暁斎の底力」展で、私が気になった数多くの下絵の中から、展覧会のポスターにもなっている作品を取り上げます。ポスターは「鳥獣戯画 猫又と狸 […]
  • 武蔵美の「脇谷徹ー素描ということ」展 先日、東京都小平市にある武蔵野美術大学美術館で開催している「脇谷徹ー素描ということ」展に行ってきました。彫刻家脇谷徹氏は私が彫刻を学び始めた頃、共通彫塑研究室で助手をやっていた人でした。出品作品は彫 […]
  • 週末 土台作り&美術館散策 週末になりました。新型コロナウイルス感染症で緊急事態宣言が出ているにも関わらず、気持ちのモチベーションを保ちたくて、今日は地元にある横浜美術館へ出かけてしまいました。早朝は工房に行き、新作の土台作り […]
  • 「サーカス・シリーズ」について 先日、師匠である彫刻家池田宗弘先生の真鍮直付けの作品を久しぶりに見せていただきました。東京の東村山市立中央公民館で開催していた「池田宗弘展」は、初期の頃から最近までの作品を網羅してあって、私には先生 […]
  • RECORD、NOTE、そして睡魔 仕事から帰って夕食を済ませると、私は食卓でRECRDの制作に励みます。RECORDは一日1点ずつ作り上げていく平面作品で、大きさは葉書大です。文字通りRECORD(記録)で、その日その日の作品が出来 […]

Comments are closed.