平治物語絵巻 三条殿夜討巻

東京上野で開催中の「日本美術の至宝」展で見た二つの絵巻に惹かれました。登場人物の表情やその表現の緻密さは今まで見た絵巻の中で群を抜いているように感じました。会場は大変な混雑ぶりで、人を押し退けないと実物に近づけない有様でしたが、何とか人と人の間から実物を垣間見て回りました。つまりそれは鑑賞者が後を絶たないほど凄い表現力を持った作品であることを示しているわけで、「吉備大臣入唐絵巻」の人物描写や「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」に登場する武士の甲冑や馬の表現、それらが群集となり、さまざまな姿態で表されている情景は、いつまで見てても飽きることがありませんでした。とりわけ自分は「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」のドラマ性のある展開に魅了されました。炎上する御所と上皇が拉致される場面が劇画的効果を齎していました。現在NHKで放映中の「平清盛」にも通じるものがあって楽しく見ることができました。絵巻は物語の展開が楽しめる素晴らしい表現方法です。史実の考察にも一役買っているのかもしれません。コンパクトに巻いて保存できるので、機会があれば自作の絵巻を作ってみたいと思いました。

関連する投稿

  • 東京駅の「きたれ、バウハウス」展 先日、東京駅にあるステーション・ギャラリーで開催中の「きたれ、バウハウス」展に行ってきました。バウハウスとはドイツ語で「建築の館」という意味です。1919年に建築家ヴァルター・グロピウスによって設立 […]
  • 上野の「ゴッホ展」 昨日、東京上野の上野の森美術館で開催されている「ゴッホ展」に行ってきました。日曜日の午後で、しかも人気のある画家だったためか会場内は大変混雑していて、私は鑑賞者の間隙を縫ってゴッホを始めとするハーグ […]
  • イサム・ノグチ 日本での活躍 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 週末 六本木・銀座・上野を渡り歩く 今日は東京の博物館、美術館、画廊を回ろうと決めていました。後輩の彫刻家が二科展出品、同僚の画家がグループ展参加、その他見たい展覧会があって、二科展とグループ展の日程が合うのが今日しかなかったのでした […]
  • 社会の鬱積からの解放 武蔵野美術大学美術館で開催中の「スタシス・エイドリゲヴィチウス展」を見て感じたことは、国家が社会主義体制にあった時代に、その鬱積から心を解放したいと願って、密かに作品を作っている芸術家の姿でした。そ […]

Comments are closed.