東京上野の「下野昇リサイタル」

東京上野にある東京文化会館小ホールで「下野昇テノールリサイタル」がありました。声楽家下野昇は親戚です。現在76歳のテノール歌手ですが、今日の演目は全て本格派のドイツ歌曲。この年齢にして果たして歌えるものかと疑っていましたが、その堂々とした歌唱には驚くばかりでした。前のNOTE(ブログ)にも書いた覚えがありますが、自分は叔父という贔屓はいっさいしません。むしろ親戚なので厳しいことすらありますが、それを加えても実力のほどは余りあるものがあります。叔父は音楽の土壌で己と闘う声楽家です。表現が枯れることも技巧に甘えることもありません。真摯に立ち向かう姿勢が、自分を含めた観衆に感動を与えるのだと思います。モーツァルト、ベートーヴェン、マーラー、R・シュトラウスの難解な歌曲を高らかに歌い上げる叔父は、天与として体格や強い声帯に恵まれていますが、それを十分駆使し、なお精神力で音楽の真髄を築いていくところが尊敬に値するところです。自分も造形美術という世界で、どの年齢に達しても闘い続けなければならないと考えます。自分の身近にこういう存在がいるということも自分には幸運です。今日は「下野昇テノールリサイタル」の前に国立博物館平成館に立ち寄り、ボストン美術館が所有する数々の日本の名作を見てきました。その感想は次の機会に書きます。今日は音楽と美術の両輪が揃った充実の一日を過ごしました。

関連する投稿

  • 週末 個展終了して美術館巡りへ 昨日、ギャラリーせいほうでの私の個展が終了しました。反省はいろいろありますが、ともあれホッとしたことは事実です。個展開催中は自分が会場にいなくても気がかりでなりませんでした。やはり終わってみると一抹 […]
  • 三連休 東京の美術館巡り 三連休の中日です。今日は朝から東京の美術館巡りを行いました。一昨日NOTE(ブログ)に美術鑑賞に対する思いを書きましたが、今日はその実践日でした。巡った展覧会は4つで、いずれも表現が異なる先人達の精 […]
  • 週末 版画による2つの美術展 昨夜から私の職場では職員研修として湯河原に来ていました。一晩ゆっくりお互いの仕事を振り返る機会を、私は大切にしています。夜が更けるまでお喋りが尽きない職員たちの雰囲気を、今後も継続していくのも私の役 […]
  • 週末 母の用事&美術館散策 やっと待ちに待った週末になりました。今日は予定がいっぱい詰まっていました。明日の陶彫成形に備えて、早朝から工房に出かけ、タタラを4枚用意してきました。タタラは厚さ1cm、大きさは座布団大になるように […]
  • 横浜の「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 横浜そごう美術館で「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」が開催されています。デパートの美術館は店の閉店時間に合わせているので、遅くまでやっていて、勤務時間が終わった後でも立ち寄ることが可能です。国公立美術館 […]

Comments are closed.