「西洋の没落」再読開始

私は1980年から85年にかけて5年間をヨーロッパで学生として過ごしました。ちょうど24歳から29歳までの異文化を学ぶには絶好の機会が与えられたわけです。当時は無我夢中で何か準備をしなければ渡欧する意味がないと思え、事前学習をしておこうと決めていました。その中に「西洋の没落」(O.シュペングラー著 村松正俊訳 五月書房)の読破を入れていましたが、読み始めて僅か数ページで断念し、そのまま実家の押入れに仕舞い込んでしまいました。海外から帰国した際に、もう一度チャレンジしましたが、第一巻すら歯がたたず、今度は自宅の書棚に移したまま放置していました。今回は3度目のチャレンジになります。本書は壮大な哲学書ですが、何としても読み終えたいと思っています。短い通勤時間帯ではどのくらいの時間がかかるのか見当もつきませんが、生涯学習のひとつとして少しずつ意味を咀嚼しながら30年前の目標を達成したいと思います。ページを捲ると変色した紙と埃の臭いがします。こんなになるまで放っておいた書籍に向かって、今度こそは読み切るぞと呟いています。

関連する投稿

  • イサム・ノグチの両親について 先日から「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 「日本を語る 多様で一途な国」について 「日本流」(松岡正剛著 筑摩書房)は、読み易いうえに視点がユニークなので、通勤途中やちょっとした休憩時間に、つい頁を捲って読んでしまいます。第一章は「日本を語る […]
  • 非存在という考え方 あまり夢を見ない私が、ある晩に見た夢を覚えていて、夢の中では学生時代に遡って彫刻を学び始めた頃の私になっていました。人体塑造をやっていた私は、どこの部分の粘土を削り取ったらいいのか散々考えていました […]
  • 素描に埋めつくされた日記 現在、通勤時間に読んでいる「ある日の彫刻家」(酒井忠康著 […]
  • コトバと彫刻について 私は彫刻に関わるようになったのは大学の1年生からで、それまで工業デザインを専攻するつもりだった私が、極端な方向転換をして初めて彫刻に出会ったのでした。本格的な立体表現を知らなかった私は結構混乱して、 […]

Comments are closed.