筋肉疲労の残る週初め

今朝は筋肉痛が残って通勤に辛さを感じました。これは公務関係の疲労ではありません。新しい職場は次第に慣れてきているので、4月当初のストレスはだいぶ軽減してきました。この筋肉痛は、昨日やっていた作品に油性塗料を塗る作業によるものです。中腰になったり、しゃがんだ時に身体に負担をかけた結果です。自分は無我夢中なので、そんなことに構うことなく、朝から精を出していたのでした。彫刻は肉体労働です。木や石を彫る作業、土を練る作業、金属を切断したり磨く作業は、まさに体力との勝負です。昨日は造形された6つのボックスを塗装する単純作業だったのですが、身体の負担は創造的な行為だろうが単純作業だろうが変わるものではありません。公務に影響しないよう心がけて週末を過ごしたいと思っています。

関連する投稿

  • 週末 RECORD撮影日 例年5月に個展用の図録撮影がありますが、陶彫作品だけでなく、自分にはRECORDと称するポストカード大の平面作品があります。毎晩自宅で作っている小さな作品ですが、塵も積もればの感があって作品点数はか […]
  • 表現や素材に対する浮気 ストイックな抽象表現をやっていると、具象的な表現に憧れ、人物を塑造してみたくなります。具象的なカタチには自分の頭では考えられない様々なカタチがあって観察を極めたくなるのです。抽象と具象は割り切って区 […]
  • 風景の再構築 近隣を散策していると、かつて自分が小学校に通った小道が変貌していて、昔の見慣れた風景が思い出せなくなっているのに気づきます。住宅が密集し、かつての小道より大きな通りが横に出来ていて、ここまで変わって […]
  • 風土から考える素材 昨日NOTE(ブログ)で、気候風土の影響を受け、世界各地にはさまざまな暮らしがあり、そこにある住居が美しいということを書きました。建築素材にしても世界各地では木材や日干しレンガや藁土といった各地で産 […]
  • 造形への渇望 週末が近づいてくると、たまらなく彫刻を作りたくなります。木の彫り跡や陶土の肌合いが大好きです。時間があれば、石膏で雛型を作りたいところですが、今はいきなり実寸で作っています。週末は本当に短く感じます […]

Comments are closed.