いよいよ砂マチエールへ

「発掘~混在~」の木彫表層が出来上がり、いよいよ砂マチエールをつけていく作業に移ります。明日からの2日間でどのくらい出来るのか見当がつきませんが、工房スタッフの手を借りて作業を進めていく予定です。砂マチエールは造形的な制作ではありません。効果を狙った工芸的な作業です。砂に硬化剤を混ぜてヘラで塗りこめていく工程をスタッフに教えながら、そこに油絵の具を滲みこませていきます。乾くのに時間がかかることを考えると、早めに作業を進めたいところですが、如何せん砂マチエールを扱うのが初めてのスタッフたちなので、巧くいくかどうかわかりません。それでも手伝ってくれるのは有難いと思います。一人ではどうにもならない作品なので、自分にとってはスタッフは大切な存在です。明日から頑張ろうと思います。

関連する投稿

  • 週末 積み重ねる作業の合間で… 週末になりました。今日は雨模様で気温も上がらず、凌ぎ易い一日になりました。朝8時に工房に出かけ、明日の成形のためにタタラを用意したり、前の陶彫成形でまだやり残している彫り込み加飾を行ないました。週末 […]
  • ウィークディ夜の窯の出し入れ 昨晩、仕事帰りに工房に立ち寄りました。工房にある窯に陶彫部品を入れたのが日曜日の夕方だったので、水曜日には温度が下降し、窯の出し入れが出来ると判断しました。水曜日の夜に次の窯入れをすると、土曜日には […]
  • 昭和の日は彫刻制作一辺倒 例年ならゴールデンウィークに入り、観光地がごった返しているニュースが流れていますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全国に緊急事態宣言が出されていて、外出自粛が呼びかけられています。以前私 […]
  • 週末 新しい陶彫制作へ向けて 関西出張の疲労が多少回復してきました。今日は朝から若いスタッフが2人来て、工房でそれぞれの課題に向き合っていました。私は電動タッカーを手に入れたものの板材をまだ購入していないため、梱包用の木箱作りは […]
  • 三連休 根の陶彫部品を作り始める 三連休の中日です。今日は文化の日で明日が振替休日になります。今日は朝から工房に篭りました。新作の陶彫作品は次の段階に入りました。新作は屏風と屏風前の床の部分に陶彫部品を連結して設置する集合彫刻になり […]

Comments are closed.