色彩感覚とは何か?

画家が捉える色彩とは何か?デザイナーが捉える色彩とは何か?自分が高校生の頃、工業デザイナーを目指してデッサンや色彩構成の勉強をしていて、自分の色彩感覚が極めて鈍いことを知りました。隣り合う色彩の関係が醜く眼に映り、それだけで色彩構成は苦手という意識を持っていました。だからといって形態感覚が良かったわけではないのですが、まだ形態の方がましなので、フォルムを捉える勉強に精を出していました。自分が工業デザインから彫刻に意識が移った理由のひとつが色彩感覚の乏しさによるものです。色彩感覚は磨けるのか?学んで色彩感覚が身につくのか?20代後半の5年間のヨーロッパ滞在は、もちろん彫刻の勉強が全てでしたが、自分なりには色彩感覚も多少身についたのではないかと思います。とくに今読んでいる「クレーの日記」の著者であるパウル・クレーや「青騎士」や「バウハウス」のカンディンスキーの作品に触れた時に色彩の何たるかが多少わかった気がしました。彼らも他国を旅して色彩感覚を磨いた記録が残されています。アフリカやアジアの風物によって、また南国の自然によって色彩感覚が齎され、それを自己表現に凝縮し、色彩に溢れた作品が残されているのです。自分もようやく色彩に眼が向きはじめました。色彩感覚を磨くことを生涯学習として取り組んでみたいと思っています。

関連する投稿

  • 「美術にぶるっ!日本近代美術の100年」展 東京竹橋にある国立近代美術館全館を使って大がかりな展覧会が開催されています。「美術にぶるっ!」というキャッチコピーが目にとまったので見てきました。いわゆる所蔵作品を選抜した展示で、学芸員の企画力と頑 […]
  • 週末 久しぶりの美術館巡り 作品の制作工程が厳しい中、3月になって初の美術館巡りをしました。東京に出かけていくのは久しぶりでした。ギャラリーせいほうにも立ち寄って7月個展の打ち合わせを行いました。まず最初に訪れたのは東京上野の […]
  • 夏気分を惜しみながら… 今日で8月が終わります。月が変わることに郷愁を感じるのは夏の特徴かもしれません。開放感あふれる夏だからこそ流行り歌にもなり、移ろう夏気分を惜しむ情景になるのだと感じます。今月の創作活動を省みると、と […]
  • 夏季休暇 美術館巡り 今日と明日の2日間夏季休暇を取っています。先週の2日間の夏季休暇は菩提寺の墓参りと長野県麻績にいる彫刻家池田宗弘先生宅にお邪魔して2日間を過ごしました。今回の夏季休暇の予定では、今日は都心の美術館巡 […]
  • ドガの彫刻試作 現在、横浜美術館で開催されている「ドガ展」には、デッサンや絵画の他に彫刻が出品されています。ドガは彫刻技法の中の塑造という可塑性のある素材を用いた立体造形をやっているのです。絵画と違って人の目に触れ […]

Comments are closed.