休んでばかりいた日々

家内との会話の中で、自分が10代の頃にズル休みしたことを思い出しました。高校生だった自分は嘘の体調不良を訴えて、自宅で寝て過ごしていました。窓から空を眺めていて流れる雲をいつまでも目で追いかけていました。なんとなく罪の意識がありましたが、ずっと空を登っていく自分をイメージしていました。そんな光景が浮かぶ谷川俊太郎の詩があります。こんな気持ちのいい状態をコトバに出来るなんていいなぁと感じていました。また別の日にズル休みをしていて、春の暖かい日差しの中で、自宅の前に広がる田んぼを眺めていました。田んぼの蛙が泥の上を跳ねるのを見て、蛙になったら窮屈な思いをしなくていいのにと思ったりしました。これは草野心平の詩が頭にあったのでした。当時はズル休み=心の開放=詩作への憧れといった図式があったように思います。二束の草鞋生活で暇のない生活をしている現在では、詩作など到底無理な環境にあります。何にもせず気苦労もなく心配事もない生活になれば、周囲の情景に心が動かされていくのでしょうが、そんな生活が果たしてやってくるのか今の状況では考えられません。休んでばかりいた日々。今でいう心の病から発する不登校ではなく、たまに学校をサボる程度の緩い日常。周囲にバレることもなかった時間と時間の狭間。でもサボりを今でも覚えているのは不思議です。頑張ったことなど忘れているのに…。

関連する投稿

  • 思いが伝わる一遍の詩 今日職場で何気なく開いた新聞に掲載された一遍の詩に目がとまりました。造形作品と同じで、コトバにも出会いがあると思います。詩に綴られているコトバは自分の気持ちに訴えかけてきて、日常のちょっとした場面が […]
  • RECORDとNOTE 毎日自分に課しているRECORDとNOTE。仕事から帰った夜の時間帯にやっています。ポストカード大にした厚紙ケントに鉛筆で下書きし、場合によってはペン入れするのがRECORD。彩色は5日分をまとめて […]
  • 非存在という考え方 あまり夢を見ない私が、ある晩に見た夢を覚えていて、夢の中では学生時代に遡って彫刻を学び始めた頃の私になっていました。人体塑造をやっていた私は、どこの部分の粘土を削り取ったらいいのか散々考えていました […]
  • 4月RECORDは「対峙の風景」 「対峙」とは相対して聳え立つことで、両雄が睨んでいる状態をイメージして、今月のタイトルにしました。最近のRECORDでは「対」というタイトルで、相対するモノを具現化して表現したことがありましたが、似 […]
  • コトバと彫刻について 私は彫刻に関わるようになったのは大学の1年生からで、それまで工業デザインを専攻するつもりだった私が、極端な方向転換をして初めて彫刻に出会ったのでした。本格的な立体表現を知らなかった私は結構混乱して、 […]

Comments are closed.