三連休 工房らしい一日

今日は三連休の中日になります。朝から制作三昧で充実した時間を過ごしました。昨日に引き続き、若い工房スタッフ2名が来ていて、それぞれの課題に精を出していました。今日の表題を工房らしい一日としたのは、自分を含めた3人が工房ならではの作業に取り掛かっていたためです。自分は新作屏風のための木彫の続きを一日中やっていました。一人の子も昨日に続いて石膏を使った作業をやっていました。別の子は油性絵の具を使った板絵を描くための支持体作りをやっていて、厚手のシナベニヤを楕円状にカットしていました。3人が3人とも木材や板材や石膏という素材に相対していて、いかにも工房の空間が有効利用されている状況が目に映ったのです。今まで絵画を描いていたり、ノートパソコンでデザインの課題をやっている子が多かったので、今日の状況は頼もしく感じました。全員のヤル気と根気が一体となった時間を過ごしました。明日も継続です。三連休でやろうと思った自分なりの目標のハードルが高いなぁと思いつつ、明日も頑張ろうと思います。

関連する投稿

  • 四連休最終日 新作の土台考案 今日で四連休が終わります。この時期に4日間連続の休暇があったことは、創作活動を進める上で有効だったと思っています。四連休は4日間ともずっと制作をやっていました。2日目に東京の東村山市立中央公民館に出 […]
  • 週末 新作修整&最新作陶彫成形 […]
  • 週末 新作は直方体が基本 今日は朝から工房に篭りました。新作の3点目の陶彫部品の成形を行ないました。現在は床から立つ直方体を作っています。比較的大きめな直方体を立ち上げましたが、今後は大小さまざまな直方体を考えています。大き […]
  • 三連休 板材二層目に突入 今日は天皇誕生日の振替休日で、三連休の最終日になります。今日も朝から工房に篭りました。新作の屏風になる板材は一層目が出来上がり、今日から二層目に突入します。一層目は全体に格子模様を刳り貫いていますが […]
  • 週末 1ヶ月ぶりの陶彫制作 今日は朝から工房に篭りました。先週末で1ヶ月以上に及んだ板材刳り貫き作業が完了しました。次の制作工程は砂に硬化剤を混ぜて板材に貼っていく作業ですが、工房に出入りしているスタッフを集めて、数人がかりで […]

Comments are closed.