ヴァンジ彫刻庭園美術館

先日の日曜日に相原工房スタッフの遠足でクレマチスの丘に行ってきました。ビュフェ美術館を見た後、ヴァンジ彫刻庭園美術館に行きました。私はヴァンジ彫刻庭園美術館は初めてでした。天気に恵まれたおかげで彫刻の庭園は美しい空間を見せていました。ヴァンジはさまざまな産地の石を使って彫刻を作っています。日差しを受けて石の美しさがひと際目立っていました。ヴァンジは具象彫刻で世界的に知られたイタリアの作家ですが、人間の内に潜む心理に働きかけてくる造形世界を持ち、象徴化されたものや周囲の風景を取り込んだもの等、幅広い解釈が可能な彫刻だと感じました。その中でも木彫彩色の凛と立つ男の像や石彫による屈みこむ女の像が印象に残りました。人体の単純化も巧みで、具象と抽象が鬩ぎあって強い主張を放っていると感じたのは私だけでしょうか。野外展示・室内展示を通して豊かな空間を感じさせ、ゆったりとした気持ちにさせてくれる美術館だと思いました。

関連する投稿

  • 辻晋堂の彫刻 八木一夫のオブジェ焼に関する書物を読むと、そこにちょいちょい辻晋堂という名が出てきます。彫刻家辻晋堂は亡くなられて随分経ちますが、ギャラリーせいほうで個展をやっていた作家でした。自分は学生時代に個展 […]
  • 週末 梱包材の準備 「発掘~群塔~」と「発掘~丘陵~」の搬入用梱包を始めています。「発掘~群塔~」は木彫の接合された厚板7点、「発掘~丘陵~」は厚板の積層による土台4点があり、それらは全てビニールシートにエアキャップを […]
  • 搬入アクシデント NOTE(ブログ)にはその日の記録の役割があります。自分がアーカイブを見て、現在のことを確かめるために使うことが多いからです。今日の搬入のことも書きとめておこうと思います。今日は若いスタッフ4名と運 […]
  • 「江口週 彫刻/デッサン」展 木彫家江口週は、いわゆる日本の伝統的な木彫とは異なる世界観を持つ彫刻家です。木材を構成する造形作家と言った方がいいかもしれません。難波し大海を漂った巨大な木造船の残骸が渚に打ち寄せられて、その大いな […]
  • 相原工房スタッフの遠足 今日は快晴に恵まれた一日になりました。相原工房に来ている若いスタッフ3人を連れて、静岡県長泉町にあるクレマチスの丘に行ってきました。言わば工房スタッフによる遠足です。東名高速の海老名サービスエリアで […]

Comments are closed.