書物の魅力について

自分は昔から書物が大好きです。本の虫と言うわけではないけれど、常に書物を携帯しています。書物は扉を開くと無限な世界が広がっている感じがしています。それは映像のような視覚的イメージが限定されない世界で、自分勝手に想像できるところが良いと思っています。今読んでいるゴーギャンの著作は、画家が住んだタヒチが描かれていています。自分はタヒチには行ったことがありませんが、自分の中でタヒチの情景を作り上げていて、そこで生活するゴーギャンをイメージしているのです。タヒチの情景は、ゴーギャンの絵画から受けたものを自分なりにアレンジしているのです。ゴーギャンは自画像が残っているので、その人物が異文化の中で創作活動をしている様子を頭に思い浮かべています。書物の魅力はイメージ力を鍛え上げ、複雑に絡み合った語彙によって思索を提供してくれることだと考えます。小説も好きですが、やはり自分の読書癖はノンフィクションばかりで、架空のドラマはあまり読んでいません。ましてやテレビや映画になったものはほとんど読みません。イメージが予め作られていることを避けたいのです。書物は自分にとって心の友です。月並みな言い方ですが、通勤時間に友と密会しているように感じています。

関連する投稿

  • 時間刻みの生活について 芸術家は自由な時間の中からインスピレーションを得て、それを具現化する仕事だという認識が、私は学生時代からありました。亡父は造園業、祖父も先代も大工の棟梁という職人家庭に育った自分は、自ら決めた時間で […]
  • 風薫り 緑繁れる時 5月末になり気温が上昇してきました。梅雨入り前のとても気持ちのよい時季です。週末の制作疲れを抱えながら、今日も職場で仕事をしていましたが、ややもすれば新作のイメージが頭を過ります。自分の創作に対する […]
  • イメージをもつ 創作活動では頻繁にイメージというコトバを使います。エスキースは具現化する前に行う作品の完成予想図のことで、頭の中に広がるイメージを出来うる限り描きとめる方法です。何かをイメージすることはモノ作りには […]
  • 創作に思いを馳せて… 公務員としての仕事中に、ふと創作に思いを馳せることがあります。ほんの少し心を解放して制作中の作品のことを考えます。頭の中で描くイメージ。顕在化しない自分の中の自由な落書。まだ自己表現を見つけられない […]
  • 仕事山積の一週間 先週に続き今週も仕事の多い一週間になりそうです。年度初めは今の職場に限らず、どこでも同じ風景なのかもしれません。来週末が遠く感じられます。でも夜のRECORD制作は気合が入っています。昨日美大生に見 […]

Comments are closed.