信仰とはなにか?叔父の告別に捧ぐ

齢80歳で叔父量義治が逝去しました。今日は告別式でした。叔父は東大でカント哲学を専攻し、定年まで大学の教壇に立っていました。多くを語らなかった叔父ですが、自分の個展には度々来て示唆に富むコトバをかけて頂きました。前夜式や告別式を通じて周囲の親戚が知らなかった本当の叔父の姿が浮き彫りになりました。叔父は学問の前に信仰ありきの人だったようです。10代でキリスト教に心酔し、一度は牧師を目指したことがあったけれど、周囲の説得で大学に行くことにしたこと、無教会主義をもって聖書の解釈に努め、信仰に裏付けられた論理を展開し、その厳しさは世俗的な私たちには到底理解が及ばなかったこと等が俄かに見えてきました。告別式で代表牧師が叔父の小さな論説を読み上げました。「愚か」と題されたもので、雑駁な紹介をすれば「どんなに信仰しても成就したためしがない、歴史的に見ても信仰は愚かとしか言いようがない、しかしどんなに愚かであっても信仰し続けること、神の存在を信じることだ」といったような内容でした。叔父に師事した若い学生の弔辞では、「信仰に逃げてはいけない、信仰も世俗的な仕事も命がけで行いなさい」と言われたことを独白するように語っていました。叔父にとって信仰とは何だったのでしょうか。いや、人にとって信仰とは何でしょうか。今となっては叶わない願いですが、自分も思索に支えられた人生を叔父に問いかけてみたいと感じました。叔父は結論だけをきっぱり言う人で、自分の作品に対しても「これでいい。これでいきなさい。」と言っていたのが印象に残っています。自分は今後ともその一言だけを頼りに創作を展開し続けていくつもりです。

関連する投稿

  • 20’創作活動の再始動 「創作活動の再始動」なんて大袈裟なタイトルをつけましたが、大晦日まで連日陶彫制作に明け暮れていて、元旦だけ陶彫制作を休んで今日からまた始めたので、再始動と言っても休んでいる感じはしません。仕事の閉庁 […]
  • 命を繋ぐ思いをこめて… 今日は3.11です。8年前に未曾有な被害を齎せた東日本大震災。横浜でも大きな揺れがあって、物資の運搬経路が一時ダウンし、自然災害の影響力を感じ取った日々を今でも忘れることが出来ません。もうあれから8 […]
  • 週末 梱包作業に追われる① 週末になりました。朝から工房に篭って梱包用の木箱作りに精を出しました。昨年から木割を補強材として取り入れた木箱作りをやっていて、昨年の作り方を思い出しながら数点の木箱を作りました。工房の床に置いてあ […]
  • 鑑賞者としての学び 私の職場で発行している広報誌に禅画に関する文章を寄稿しました。このところ鞄に携帯している書籍として「あそぶ神仏」(辻惟雄著 […]
  • 彫刻家飯田善國によるピカソ評 7月27日付の朝日新聞「折々のことば」欄に、彫刻家飯田善國によるピカソ評が掲載されていて、目に留まりました。「十歳で どんな大人より上手に 描けた 子供の ように描けるまで一生 […]

Comments are closed.