週末 木材補強の日

新作の屏風になる6点のボックス。ひとつが畳大で縦180cm、横90cmあります。直方体の奥行きは15cm程度ですが、そこに陶彫部品が数十点ボルトナットで接合されて、言わばボックス内に収められたレリーフとして、6点のボックスに点在するよう構成してします。陶彫部品の総重量を考えると、ボックスはかなり頑丈に作らねばならず、そのために先日から垂木を多用して補強を行っています。今日は一日補強作業に明け暮れました。彫刻は重力との闘いと言っても差し支えのないくらいの表現媒体で、地平に立ち上げていくには創作以外の仕事が入ってきます。展覧会会場に搬入・搬出するために分解できるように作らねばならないのも仕事のうちです。作っていくうちに工房から出ないほど大きくなってしまったことを同じ彫刻をやっている知人から聞いたことがあります。自分の彫刻は集合体で構成されているので、その心配はありませんが、組み立てがわからなくなる嫌いがあります。今日は制作ではなく作業の一日でした。これも仕方ないと思いつつ夕方になって工房を後にしました。

関連する投稿

  • 三連休 20点目の陶彫成形&加飾 三連休の中日です。今日も好天に恵まれて工房周辺の木々が美しく紅葉しています。新作の陶彫制作は20点目に入りました。既に焼成が終わっている陶彫部品も10点あります。午前中は新しい陶彫部品の成形を行い、 […]
  • 週末 テーブル彫刻の脚 今日は朝から工房に篭って制作三昧でした。今月の目標にあった通り、今日は新作の背の低い方のテーブル彫刻に脚を設置する作業をしました。背の低いテーブル彫刻は4体でひとつの世界を構成するのです。だからテー […]
  • 週末 新作は直方体が基本 今日は朝から工房に篭りました。新作の3点目の陶彫部品の成形を行ないました。現在は床から立つ直方体を作っています。比較的大きめな直方体を立ち上げましたが、今後は大小さまざまな直方体を考えています。大き […]
  • 三連休 板材二層目に突入 今日は天皇誕生日の振替休日で、三連休の最終日になります。今日も朝から工房に篭りました。新作の屏風になる板材は一層目が出来上がり、今日から二層目に突入します。一層目は全体に格子模様を刳り貫いていますが […]
  • 週末 陶彫によるテーブルの脚 週末は専ら制作に時間を費やしています。今日も工房に篭りました。久しぶりに若いスタッフも来て、大学院の修了制作に取り組んでいました。私は新作のテーブル彫刻の陶彫部品を作っていました。テーブルは木材を使 […]

Comments are closed.