工業デザインに求められるもの

現在読んでいる書籍によって自分の思考が様々な方向へ触手を伸ばし、また思考の偏りに対し自然感覚的に自らバランスをとることがあると思っています。「生きのびるためのデザイン」(ヴィクター・パパネック著 阿部公正訳 晶文社刊)は単なるデザインや美術を論じたものではなく、人間の営みそのものが将来どのようになっていくかを見据えた大きな体系的な研究であることは疑う余地もありません。工業デザインを切り口にして、私たちの生活に及ぼすありとあらゆるモノが、時としてマイナス要素をもっていることも具体的に書き記しています。文明の利器のよって生じた利便性とそこに潜む公害。流行に敏感な大衆の心を掴む一過性のデザインが齎した廃棄を繰り返す現状。考えるに工業デザイナーはテクノロジーと結びつき、人間工学の面からもより専門的な知識が求められる職種です。自分が工業デザイナーの道を断念したのも、デザインのもつ社会的責任に正面から向き合えば、自分に無理を強いる結果になりかねないと判断したためでした。自然感覚的なバランスとして、自分の思考は制約の無い自由な世界に向かい、非日常的な造形に辿り着いたのです。当然の成り行きで自分の将来に対する経済的な保障はなくなりましたが…。もう工業デザイナーに未練はありませんが、大衆をターゲットにするデザインなればこそ、その一消費者である自分は、買う立場から商品はしっかりしたものを選びたいと思っています。

関連する投稿

  • 読書癖で保つ外出自粛 職場勤務と自宅勤務を正副管理職で交互にやっている生活が続いています。先行きが見えない不安を抱える中で、こんな事態は社会人になって初めてのことですが、海外での留学を含め長い学生生活を送ってきた私は、暇 […]
  • 書籍の整理 昨日から在宅勤務で、自宅にある書籍の整理を行いました。自宅のリフォームでリビングの壁一面に書棚を作ってもらったために、数十年も床に積んであった大量の書籍を新しい書棚に収めました。公務員になった頃に手 […]
  • 外出自粛の4月を振り返る 今日で4月が終わります。今月は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、首都圏の外出自粛から全国的な規模による緊急事態宣言に移行した1ヶ月になりました。職場も在宅勤務が始まり、年度初めに恒例として行われ […]
  • 令和元年度末の最終日 今日で3月が終わります。年度で言えば令和元年度末の最終日になります。私たちの職種は年度で変わるので、今日は職場を支えてくれた人たちの何人かとお別れしなくてはならない日になりました。職場で難しい課題が […]
  • 自宅のリフォームが大詰め 自分の生涯としては一大事となる自宅のリフォーム施工が大詰めを迎えています。まず1階の和室を洋室に変えて、ダイニングと一体化した空間にしました。和室の半分を収納庫にして、そこに家内の邦楽器を収める棚と […]

Comments are closed.