夜の工房で土練り

仕事から帰って余力がある時は工房に行くようにしています。夜の工房は昼の雰囲気とはまるで違います。蛍光灯の光に照らされた作品は、それはそれでなかなかいい雰囲気が漂います。なにより不思議な集中力が出て制作が進みます。今晩は夕食を済ませた後、工房に向かいました。夜8時から10時までの2時間、土錬機を稼動させて土練りをやりました。FMヨコハマを流し、50キロの陶土を前にして土錬機にかけて菊練りをすると、額から汗が出てきました。でも気分は最高でした。工房内は秋めいて肌寒く感じる陽気でしたが、汗をかきながら陶土に戯れることの出来る環境に感謝です。ただし、夜工房に出かけるとRECORDを描く時間の確保が難しいのです。陶彫とRECORD。勤務外の時間を上手く使いながら、バランスをとってやっていきたいと思います。

関連する投稿

  • 週末 工房という環境の中で… 今日は日曜日ですが休日出勤がありました。出勤は午後の数時間でしたが、陶彫制作で昨日から始まった大きな部品の再制作を止めるわけにもいかず、午前中の時間と職場から帰った夕方の時間を充てて制作をしました。 […]
  • 休庁期間 制作&賀状宛名印刷 今日から休庁期間になり、朝から工房に篭りました。年末の雑用は家内任せにしているので、自分は極楽トンボのような暮らしです。申し訳ないと思いつつ、工房では陶土と格闘していました。「発掘~宙景B~」の高い […]
  • 週末 精一杯の作業量 昨夜のテレビ番組「水玉の女王 […]
  • 週末 夏に向かう対策 朝から工房で制作三昧の一日でした。それにしても蒸し暑い一日で、成形している陶土の上に汗が滴り落ちました。今日はアーティストの卵が2人来ていて、それぞれの制作に励んでいましたが、気分が悪くなったら近く […]
  • 梅雨の中休み 昨日と今日は真夏日になりました。節電のことが脳裏を過りますが、30度を超える暑さの中では職場での仕事に支障がでるため28度設定のエアコンを入れています。まだ横浜は梅雨明けにならず、週末に向かって雲行 […]

Comments are closed.