連休最終日 若い世代に囲まれて…

今日で三連休後半が終わりました。前半後半を通して、ちょっとキツめの制作目標を立ててきました。何とか目標を達成して最終日を迎えられました。三連休後半は秋の気配が濃厚になり、工房に涼風が立ち込めたことが制作に弾みをつけることになったと思っています。今日は若い子たちが3人来て、それぞれ作業に打ち込んでいました。来月末にその子たちと美大の芸術祭に行くことを約束しました。工房に美大生がいることは若い世代のいろいろな取り組みを知って楽しいと感じます。自分もそんな時代を通過してきたと思っているからです。自分が美術家になろうとした出発点を忘れないためにも彼らの挑戦にエールを送っているのです。若い世代に囲まれて、今の自分も前向きな姿勢を保っています。これからも制作の手を休めないでいこうと決めています。

関連する投稿

  • 昭和の日は彫刻制作一辺倒 例年ならゴールデンウィークに入り、観光地がごった返しているニュースが流れていますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全国に緊急事態宣言が出されていて、外出自粛が呼びかけられています。以前私 […]
  • 三連休 根の陶彫部品を作り始める 三連休の中日です。今日は文化の日で明日が振替休日になります。今日は朝から工房に篭りました。新作の陶彫作品は次の段階に入りました。新作は屏風と屏風前の床の部分に陶彫部品を連結して設置する集合彫刻になり […]
  • ウィークディ夜の窯の出し入れ 昨晩、仕事帰りに工房に立ち寄りました。工房にある窯に陶彫部品を入れたのが日曜日の夕方だったので、水曜日には温度が下降し、窯の出し入れが出来ると判断しました。水曜日の夜に次の窯入れをすると、土曜日には […]
  • 週末 新作の陶彫全て出揃う 最近体調が優れない毎日が続いています。工房がロフト拡張工事によって、作業スペースが限られてしまっているのが、原因のひとつかもしれません。今日も鉄工業者は工房に姿を見せませんでした。鉄材や板材を切断す […]
  • 週末 新しい陶彫制作へ向けて 関西出張の疲労が多少回復してきました。今日は朝から若いスタッフが2人来て、工房でそれぞれの課題に向き合っていました。私は電動タッカーを手に入れたものの板材をまだ購入していないため、梱包用の木箱作りは […]

Comments are closed.