灼熱の中のイベント

今日は勤務先で大きなイベントがありました。外は30度を越える暑さになりましたが、外で実施するイベントだったので、熱中症を心配しながらの取り組みになりました。職員はそれぞれ専門があって、自分の能力をフルに活用する機会でもありました。60人近い職員が一丸となって取り組んだ結果、イベントを成功に導き、誰もが満足できるものになりました。管理職として全職員に感謝です。その後、反省会を持って意見交換し、来年度に向けて道筋を作りました。こうした機会は年中あるものではなく、むしろ特別な一日であり、当日の臨機応変が大きく作用します。職員一人ひとりが自主的に動かなければならない場面も多く、組織力と個人の持つ力がバランスよく作用すると大変な効果が表れると感じています。また、来年のこの時期にある大きなイベント。どんな力が試されるのか年度ごとに特徴があって、それはそれで楽しめるものだと思います。

関連する投稿

  • 東京の自衛隊大規模接種センターへ… 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まり、私は65歳になっていたので、既に接種券や予診票が横浜市から送られてきていました。すぐに地元の横浜市のワクチン接種に関するネットにアクセスして、何度か予 […]
  • 一日のルーティンを考える 学校を退職し、私は日々の出勤がなくなりました。一日中自由に過ごせる日常は、退屈と隣り合わせになるかなぁと考えていましたが、1週間以上が過ぎた今は校長職にあった時と変わらない時間の使い方をしています。 […]
  • 厚板下書き&バラ園散策 中規模の新作は今日から作り始めました。過去幾度となく私が作ってきたテーブル彫刻になりますが、今回の新作では陶彫部品を接合せず、木材のみで作ります。厚板を4本の柱で支える構造ですが、厚板には文様化した […]
  • 彫刻家として… 4月になりました。昨日は管理職退職辞令交付式に参加して、私の公務員人生にピリオドを打ちました。今まで職種を隠してきましたが、同じ職種の方々がこのNOTE(ブログ)をご覧になっていることもあり、今にな […]
  • 体力維持のために… 私は自宅の近くにスポーツ施設があるため、そこで水泳をしていました。20年以上も前は仕事帰りに夜間コースに通い、そこで知り合った仲間たちとマスターズ登録をして、年齢別の競技大会にも出ていました。その頃 […]

Comments are closed.