描く行為 描かぬ行為

美術の専門家になると決めたときに、まずデッサンを行いました。自分が高校生の時で、ギリシャ彫刻を模した石膏像を木炭で描きました。その頃は美術という大枠の中にいて、美術で何を専門に選ぶべきか決めていませんでした。そのうち工業デザインに希望が絞られてきて、デッサン用具は木炭から鉛筆に変わり、モチーフも説明的な要素の多い静物になりました。壜は壜らしく缶は缶らしく質感まで描く行為に相当な時間を費やしました。平面や立体構成という方法も教わりました。当時は描く行為が8割、描かぬ行為(構成)が2割くらいの比率で自分は捉えていました。結局、最終的には彫刻を専門にするようになり、描く行為と描いたものを作る行為に移っていきました。描かぬ行為は大学では置き去りにしたまま、常に紙に鉛筆でデッサンし、空間に粘土でデッサンする、いわば描く行為が主流を占めていきました。現在の自分はどうでしょう。発掘シリーズや構築シリーズは描かぬ行為によって作品化を図っています。描かぬ行為のほうが描く行為よりずっと長く付き合っていることになります。エスキースは描くというより設計や寸法をメモする程度で済ませています。でも描く行為をある時期徹底して行っていたことが決して無駄ではないと感じています。イメージを捉えやすくなっていること、完成図を描写表現できることが大きいと思います。描く行為と描かぬ行為、双方に有機的な繋がりがあると感じています。

関連する投稿

  • 9月の制作目標 今月は4回の週末があり、そのうち1回は4連休になります。陶彫制作においては、土曜日に土練りをして座布団大のタタラを数枚用意し、日曜日に成形や彫り込み加飾を行うのが定番になっています。その制作工程のう […]
  • RECORD追い込み 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っている総称をRECORD(記録)と言っています。2007年2月から一日も欠かさず毎日制作していて、今年で13年目を迎えます。陶彫による集合彫刻を作り出したの […]
  • 週末 RECORD追い上げに本腰 今日も朝から気温が上昇し、静岡県では40度を越す気温が記録されました。空調のない工房での陶彫制作は、どのくらい体調が保てるのか、実際に朝から工房に篭っていましたが、2時間程度で切り上げることにしまし […]
  • 週末 柱の梱包&最新作の加飾 週末になりました。個展の搬入まで数えるくらいしか週末がない中で、出展作品の梱包を最優先していますが、つい作りかけの最新作品が気になってしまい、今日も梱包の後で、創作的な仕事を入れてしまいました。梱包 […]
  • 週末 新作は直方体が基本 今日は朝から工房に篭りました。新作の3点目の陶彫部品の成形を行ないました。現在は床から立つ直方体を作っています。比較的大きめな直方体を立ち上げましたが、今後は大小さまざまな直方体を考えています。大き […]

Comments are closed.